小さいと思っていたらかなり大きかったよ佐和山城

佐和山城

鎌倉時代に近江源氏の佐々木定綱の六男時綱が、中山道が近くを通る交通の要衝であった佐和山(標高232m)に本拠を置いたのが佐和山城の始まりとされます。佐和山城はその後、六角氏、浅井氏、織田氏の勢力下となりましたが、その後荒廃していきます。佐和山城が再び整備されるのは、豊臣政権時代となります。秀吉から北近江四郡(坂田、犬上、浅井、伊香)に知行地を与えられた石田三成の城となり、佐和山城は五層の天守(諸説あり)のある近世城郭に改修されました。

佐和山城 絵図
佐和山城 絵図(本丸看板より)

当時の落首で「三成に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と謳われるほど名城となります。(まぁ、石田三成をディスってる訳ですけどね、、、)

1600年関ケ原の合戦時、佐和山城を守っていたのは父の正継、兄の正澄で東軍の猛攻に善戦しますが、城内に裏切りが発生し落城してしまいます。城に籠っていた父の正継、兄の正澄をはじめとする一族は、戦死あるいは自害しました。

関ケ原の後、井伊直政が軍功により近江18万石で入封し、佐和山城に入城しましたが、その後、新しく築かれた湖畔の彦根城の築城が開始されたのと同時期に佐和山城は廃城となり、徹底的に破壊されてしまいます。

佐和山城へ

彦根駅の観光案内所で、駅から徒歩20分のところにある龍潭寺からの登城を案内していただいたので、龍潭寺側(搦手)から登りました。今回の登城ルートを写真で紹介していきます。

龍潭寺(彦根)山門
龍潭寺山門

龍潭寺(彦根) 庭井伊氏の菩提寺で、井伊直正が佐和山藩(後の彦根藩)に入封されてきた時に、本拠地であった遠江の龍潭寺から分寺し五世昊天禅師を招いて建立した寺です。小さなお寺ですが古い襖絵や昊天と小堀遠州が設計した庭など龍潭寺創建当時の歴史を身近に見ることができます。時間のある方は拝観(拝観料400円)されることをおすすめします。

佐和山城 登城路
佐和山城 登城路
龍潭寺の庭と墓地を抜けると、佐和山城の登城路となります。ここから、ちょっとした登山となります。距離はそんなにありませんが、登りは結構急です。

佐和山城 西の丸 土坑
佐和山城 西の丸の土坑
龍潭寺から登ると、まず西の丸の下段曲輪に到着します。ここには謎の穴があります。写真だとわかりにくいですが、肉眼だと結構大きな穴が目に入ります。現地の看板の説明でも用途は不明だそうで、あたりには瓦辺が散乱していたそうです。なんでしょうね~

佐和山城 西の丸の土塁
佐和山城 西の丸の土塁

佐和山城 西の丸中段と上段の階段西の丸は三段に区切られています、写真は中段と上段の段差です。結構な段差となっています。

佐和山城 西の丸から西に延びる竪堀
佐和山城 西の丸から西に延びる竪堀
西の丸の横には複数の竪堀があります。

佐和山城 西の丸 上段曲輪こちらが上からみた、西の丸上段曲輪の端っこです。

佐和山城 本丸の石碑西の丸の3段曲輪を登りきると、本丸へ到着します。ここに佐和山城の石碑がありました。

佐和山城 本丸から見た琵琶湖
佐和山城 本丸から見た琵琶湖

佐和山城 本丸
佐和山城 本丸
佐和山城本丸はあまり広くありませんでした。現地の看板によると、破壊された虎口跡の痕跡があるようですが、現地ではちょっと確認できませんでした。

佐和山城 隅石垣
佐和山城 隅石垣
本丸の下に回り込むと、破壊を免れた現存の石垣を見ることができます。天守台の隅石垣と考えられているようです。

佐和山城 縄張り図

佐和山城 本丸南側の曲輪
佐和山城 本丸南側の曲輪
本丸から南へ下ると特に名称がついていない曲輪が登場します。隣に千貫井があります。

佐和山城 千貫井
佐和山城 千貫井
草ボーボーで分かりにくいですが、千貫井と呼ばれる井戸跡です。

佐和山城 石田三成屋敷跡
佐和山城 石田三成屋敷跡
もと来た道を戻り、また坂道を登って、石田三成屋敷跡の石碑の場所へ来てみました。この情報だけだと、屋敷の規模が全くわかりませんね。

佐和山城まとめ

佐和山城 石田三成像佐和山城は徹底的に破壊されたということですが、曲輪や堀など結構遺構が残っているなという印象でした、あと佐和山城縄張り図にある通り、佐和山城の東側には大手門跡や土塁があるようですが、今回の訪問では行けていません。なかなかの強行軍でないと全部回るのは厳しいですね、再訪の際は、ぜひ見逃した箇所をじっくり見て周りたいです。

出典

オススメの本、雑誌

  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

お城データ

 
お城名
佐和山城(さわやまじょう)
概要
近畿と東国を結ぶ要衝として重要な拠点に築かれた山城。丹羽長秀、石田三成の居城として有名です。
主な城主
石田三成、丹羽長秀、井伊直政
所在地
滋賀県彦根市古沢町
アクセス
JR東海道本線線彦根駅から徒歩約10分(登城口)
駐車場
龍潭寺参拝者用駐車場

コメントを残す