大河の撮影のため見晴らしが良くなった真田本城からの眺めは絶景のはずだった!

山のふもとに案内の標識があった

真田本城からの絶景は多分今だけ!
真田氏の本城だったのではないかと推定されている山城、真田本城。近隣に複数ある山城の司令塔だったのではいかと目されています。この本城、最近大河ドラマ「真田丸」の撮影があったので木を伐採してとても眺めがよくなっています。撮影が終わったらまた木が生い茂るでしょうから、絶景を拝めるのは期間限定かもしれませんね。

私が登ったこの日は、雨と霧で真っ白!皆さんは晴れの日を狙って行ってくださいね。

真田本城案内板
真田本城案内板

歩いて登城するなら、風光明媚コース★を行こう!

ふもとから山城までは徒歩でもそんなにかかりません。車も山城のところまで来られるようになっているので、山登りはちょっとという方でも気軽に訪れる事ができるお城です。

整備が急ピッチで進められているようなので、山城での戦闘シーンなどもあるのでしょうか?ワクワク。是非見てみたいですよね、山城での戦!

真田本城風光明媚コース
真田本城風光明媚コース
風光明媚コースからの眺め
風光明媚コースからの眺め

真田本城諏訪神社
真田本城諏訪神社

本城についたら市街地の眺めが楽しめるはずだった!!

真田系の山城でこれだけチョロいのは珍しい上に本城ときている…真田はあまり敵の来襲もなく穏やかな場所だったのだろうか?支城が抜群に強くて本城はこんなもんで良かったのだろうか?本城であったという証拠もないのでやっぱ、本城は違うやつなんじゃないかなどと、妄想しつつブラブラしてみました。本丸の方まで行くと向かい側に支城が見えるはず、、、ですが、霧のため全く見えません。

真田本城
真田本城
真田本城からの眺め
真田本城からの眺め
真田本城本丸を下から見た
真田本城本丸を下から見た
真田本城本丸
真田本城本丸
真田本城本丸から
真田本城本丸から
真田本城看板
真田本城看板
真田本城尾根
真田本城尾根

本城から2キロほど歩くと真田氏の菩提寺長谷寺(ちょうこくじ)があります

徒歩でも充分行ける距離なので行ってみました。でも、2キロと言っても坂道が急なのでちょいしんどいです。ここには真田氏のお墓があります。住職さんはとても優しい方で、古き良き時代の和尚さんって感じの方でした。

長谷寺
長谷寺

もうちょっと時間があるなら山家神社(やまがじんじゃ)も行った方がよかよ〜

立派な鳥居と本殿がある山家神社、私が到着した時間は少し薄暗い夕方で雨だったのでとても雰囲気がある素敵な神社でした。こちらの宮司さんも優しい方でした。

山家神社本殿
山家神社

真田本城と真田の感想〜

真田のお花
六文銭の兜のスプリンクラーwww
真田を歩いているとときどき地元の方に話しかけられます。まぁ、雨の中外歩いてる人が珍しかったのかもしれませんがw 「本城は登っても何もないよ!」ってみんな口を揃えておしえてくれるので、「山城はそんなもんですよ」と応えていましたw
優しくて暖かい印象の町で、町を歩くだけでも真田の空気に触れられたような気分になりました。歩きでの城攻めはやはりこういう所が楽しいです。

関連リンク

長谷寺公式サイト

山家神社公式サイト

オススメの本、雑誌

  • ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

    ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

    真田家ヒストリーを キッカケに 旅にでよう!! 戦国武将の真田昌幸・信繁に関連した城跡と史跡をご紹介。 単なる情報で終わらず、「真田の痕跡を探せ! 」をテーマに現地取材による編集部独自のレポートを掲載。 どこから城跡を見ると、河岸段丘や土地の高低差がわかるグッドビューポイント等、城跡史跡にとどま らず、真田家ヒストリーに関わる川や滝、峠、祭りまでも現地取材をまじえてのご紹介!! 戦国時代の研究第一人者の小和田哲男教授の「小和田教授のココだけの話」も必見。
  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

お城データ

 
お城名
真田本城(さなだほんじょう)
お城別名
真田山城、松尾城
概要
戦時に立て籠るタイプの山城。周辺には多数の支城がありその司令塔であった城という見方もある。
主な城主
真田幸隆、真田信綱、真田昌幸
所在地
長野県上田市真田町長十林寺5029-3
アクセス
上田バス真田・菅平・傍陽線「真田自治センター入口」で乗り換え
赤井線「真田氏歴史館」下車(日曜・祝祭日は運休)
徒歩30分
駐車場
あり