真田昌幸はなぜ名胡桃城を選んだのか?昌幸さんマジ怖くない?そんな感情が後を引く豊臣vs北条の攻防戦がシビれる!

名胡桃城袖曲輪
名胡桃城の袖曲輪を下から見上げたところ

群馬県みなかみ町にある名胡桃城(なぐるみ城)は戦国末期に真田昌幸によって築城されて10年間山城として機能しました。武田勝頼の命でここを拠点に沼田城を攻略する足掛かりとしたのですが、その後この名胡桃城、実は地味ながら豊臣秀吉が全国統一を果たすキー的な役割を果たすお城となります。

名胡桃城の歴史は戦国の攻防戦の歴史

名胡桃城裏手から
名胡桃城裏手から。左が本曲輪、奥が般若曲輪

名胡桃城般若曲輪名胡桃城は元は沼田一族の名胡桃氏の館があり(般若曲輪辺り)、三国峠、清水峠、鳥居峠から近いため、上杉氏、北条氏、武田氏など近隣の戦国武将達はこの地をめぐり攻防戦を繰り広げていました。真田昌幸の働きにより名胡桃城と沼田城を手に入れた武田勝頼は程なく倒され、後の権力者豊臣秀吉の配下に入った真田氏によって継続的に統治されていました。

秀吉時代の名胡桃城はキー城であった

名胡桃城 本曲輪
名胡桃城 本曲輪

天下を手中に収めようとしていた秀吉が「関東奥惣無事令」を出します。要するに、「俺に無断で戦したらしばくからな!」というお達しです。このおふれと共に、まだ従わない大名達に秀吉の元に出仕するように求めます。秀吉も全部の大名と戦をしていたらたまりませんから、出来るだけ穏便に済ませたいと思っていたのでしょう。関東の北条氏は出仕する代わりに利根、吾妻地域の支配権を要求、これを受け真田昌幸は先祖の墓があるので名胡桃城は渡せませんと応えたと言われます。秀吉は名胡桃城のある利根川の西側を真田領、沼田城のある東側を北条領と定めます。ところが、北条側の沼田城代(城主の代わりに城を管理する人)猪俣邦憲が名胡桃城を不法に占拠し、これがきっかけとなり秀吉の北条討伐に発展します。関東を支配する北条氏は秀吉により滅亡します。豊臣秀吉が天下統一を果たし戦国時代は終わります。

名胡桃城を選んだ真田昌幸の真意は?

名胡桃城本曲輪下から
名胡桃城 本曲輪を下から見上げる。

関東の重要拠点であった、名胡桃城と沼田城ですが、そもそも沼田城を攻略する為に築かれたという時点で名胡桃城の方が、重要度が低そうに感じられます。北条氏との交渉の際、真田昌幸はなぜ名胡桃城の方を選んだのか?という疑問が湧いてきます。祖先のお墓があるだけで、真田昌幸レベルの知将が選ぶかねぇ??もしかしたら、最初から北条氏に名胡桃城を攻めさせる策略だったのか?いやいや、たまたまかもしれないよ!など一人で楽しく妄想を繰り広げる事ができるお城です。

名胡桃城までのアクセスは意外と楽

名胡桃城地図
名胡桃城地図

名胡桃城整備工事中名胡桃城は後閑駅から徒歩40分。一般的にはアクセスが悪いですが、城彩で取り上げているマニアックな山城達の中では普通の部類ですねー。駅からは傾斜もほとんどなく楽ちんな道のりでした。Googleマップに連れて行ってもらったルートはなぜか搦め手からの攻略ルート。地形がよく見えるオススメルートでした。名胡桃城は曲輪を直線的に配置している連郭式縄張りでこの配置がよく見えるルートがこの搦め手ルートです。来年の大河ドラマに向けて絶賛整備工事中!なんと、見学できませんでしたー!2016年1月からは普通に入れます。

2015年12月25日更新
12月29日に一般公開を再開するそうです!
大河ドラマ前に復元整備完了 みなかみ・名胡桃城址

オススメの本、雑誌

  • 続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    城めぐりファン待望の「続日本100名城」の公式ガイドブックが、 切り離して持ち運べる「スタンプ帳」つきで、遂に登場! 各城のデータ、主な遺構、見どころのほかに、歴史と縄張も詳細解説。 巻頭には、続日本100名城と一緒に日本100名城も掲載した地域別マップほか、要塞や山城、天守、石垣についての特集も充実。
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?

お城データ

 
お城名
名胡桃城(なぐるみじょう)
概要
利根川上流の右岸断崖部の城。真田昌幸はここを拠点に沼田城を攻略した。
主な城主
鈴木主水正
所在地
群馬県利根郡みなかみ町下津3462
アクセス
JR上越線・後閑駅から徒歩40分
オフィシャルサイト