長野の山城 子檀嶺岳城(こまゆみだけじょう)を攻略してみて、秀忠別働隊そりゃボロ負けするわーと納得してみた

子檀嶺岳バス停を降りてから
長野県の青木村にある子檀嶺岳(こまゆみだけ)には、真田昌幸の山城で上田と松本をつなぐ関門青木峠から敵の侵入を防ぐ重要な支城がありました。第二次上田合戦において、徳川秀忠の別働隊が美濃への移動時に側面を攻撃されないように、また通路を確保するべく攻めるも惨敗したという歴史が残る、難攻不落感がハンパない山城です。

バスから登山口まで徒歩何分だ?

子檀嶺岳休憩所からの眺め
上田駅から青木へ行くバスは1時間に1本です(千曲バス青木線の時刻表)。それに乗り込み25分で当郷バス停に到着。当郷管社コースの登山口までは徒歩で向かいますー。歴史を感じる土蔵や日本家屋が並ぶ情緒のある風景の中を歩いて上ると、登山者のための休憩所があります。

子檀嶺岳山小屋からの眺め
登山口前の休憩所からの眺め。すでにここでもかなりの高度でいい眺めです。

子檀嶺岳登山口の策そこを左に少し登ると、獣除けの扉が閉まっています。立ち入り禁止!?と思いきや出入りするときはちゃんと閉めてくださいねとの事でした。当郷バス停から登山口までは約45分です。ここから登山スタートです。

下から見る子檀嶺岳は難攻不落にしか見えないけど実際は?

子檀嶺岳
看板には頂上まで2時間と書いてあります。事前に入手したマップによると90分だったのでそんなにかからないと踏んで登頂開始!登山道はよく整備されていて登りやすいです。最初はね、、、

子檀嶺岳山頂へ

子檀嶺岳鳥居ところが突然、激しくワイルドになります。子檀嶺岳の真骨頂はここからですかねー。登り始めるとすぐに鳥居があります。やっぱり子檀嶺岳はここからなんだ!落ち葉とヌルヌルの土で滑りやすいので注意しながら登山。ドンドン急になっていきます。

子檀嶺岳ピンクのリボン最後の方は周りの木を掴みながらじゃないと登れないくらい急です。道が折れ曲がっているところが判別しにくいので、目印にピンクのリボンを結んでくれています。これがないと確実に迷いますね!この子檀嶺岳、難攻不落も甚だしい険しすぎる山城です。地面の土も崩れやすく道幅も獣道の様に狭いので気をつけないと足を踏み外して山の斜面を落ちそうです。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

秀忠別働隊そりゃ負けますよね〜

子檀嶺岳林道
足元は滑りやすいし、上からなんか落とされたらそのまま、谷底まで落ちますねー。こんなところで戦うとか、よくわかりませんー。攻める方が一方的に不利です。こんな山城を勢いだけで攻めても、落とせるわけないよー徳川秀忠さん。などと一人思いながらそろそろ山頂ー!

子檀嶺岳尾根
ここを尾根伝いに行けばおそらく山頂のお社があると思われますが、日が傾いてきたのでやむなく撤退ー。登山者の写真など見ていると山頂からの見晴らしは抜群の様ですねー来春に再度挑戦してみたいものです。

冬の登山は日照時間に注意です

子檀嶺岳のトレッキングは普段から山歩きに慣れている人であれば問題なく歩ける里山登山の分類には入るかと思いますが、その辺の里山とは一味違うぞという感じで行った方が良いと思いますよ。11月中旬だと日照時間もかなり短くなります、16:30には下山できている様に登るのがよさそうです。

上田市街地の夜景
下山後はとっぷり日も暮れて上田市街地の夜景が綺麗でした。

バス停からのトレッキングマップを作ってみた

子檀嶺岳トレッキングコース今回は到着時間が遅くなってしまって出番が無かったのですが、本来予定していたコースのトレッキングマップです。午前中からの登山であれば十分行けるコースだと思いますよ。子檀嶺岳トレッキングコースマップ

関連リンク

信州うえだ観光ナビ|子檀嶺岳トレッキングマップ

あの頂を越えて|子檀嶺岳〜当郷コースから登る信仰の里山〜

オコジョの散歩道|子檀嶺岳2 山頂へ

千曲バス路線バス時刻表

オススメの本、雑誌

  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

お城データ

 
お城名
子檀嶺城(こまゆみじょう)
お城別名
冠者ヶ岳城、冠者城、火車ヶ岳城、烏帽子形城
概要
真田幸隆、真田昌幸の山城が存在した。子檀嶺岳城、火車ヶ岳城、烏帽子形城、冠者岳城などと呼ばれている。
主な城主
真田幸隆、真田昌幸
所在地
長野県小県郡青木村当郷
アクセス
千曲バス青木線で「当郷」下車。(青木村村営バスで登山口近くの「管社上」まで行けるが休日はなし)
遺構を見るには「当郷管社コース」での登山がおすすめ。