平安時代からの歴史がある山城。密かな名城河村城

山北駅から河村城まで

河村城入り口方面
小田原城からほど近い河村城跡に行ってきました
JR御殿場線「山北」駅から徒歩15分です、途中の道はかなりいい感じでした。

河村城参道
河村城参道はこんな感じです。

河村城跡です★

河村城入り口
しばらく歩いていくと、入り口の石碑があります。ここから山登りです。

河村城 畝堀
復元された畝堀です★

河村城
手前右側に畝堀です。

酒匂川山頂からというか、天守跡から覗き込むと酒匂川(さかわがわ)が見えます。さて、河村城って由緒があるのにあまり知られていないお城跡は、難攻不落の堅牢な城として有名という話なのですが、登ってみても、どういう風に堅牢だったのかいまいちイメージがつかめず・・・いや、岐阜城と比べたらちょろくないか?と思ってしまうわけですよ・・・で、ちょっと調べてみたら苔が生えててつるつるすべって前に進めないとか書いていた~!天然の要害なのですなぁ~岐阜城からもこういう感じで長良川が見えます、もっと山が高いけどねぇ~、築城当時は酒匂川はどういう形で流れていたのだろうーって思ったりしました。

河村城碑そんな事より、河村さんって誰?と思って調べてみたら、源頼朝関連の人らしいです。山城なので、発掘作業で再現されたらしき畦堀と切り堀。お城の紀元は南北朝時代(戦国時代の前)までさかのぼるらしく、もしかしたらもっと古いかもしれないという由緒のある城郭跡です。現存の建造物はありませんが大規模に整備されてて綺麗な城跡です。小田原城をはじめこのあたりは城が山盛りありまして・・・私はこのあたりの歴史に明るくないので、ちょっと調べてみましたよ!

河村城の歴史

河村城を築いたとされる河村氏は、平安時代末期に山北の地を治めていました。源頼朝の石橋山の合戦の際、河村義秀は平家側に味方したため領地を没収されています。その後、鎌倉での流鏑馬を披露したところ、素晴らしい出来映えであったために、本領河村郷に復帰できたと言われています。その後河村城は上杉氏、大森氏の持城となった時期を経て、豊臣秀吉の小田原攻めの際落城し、廃城になったと考えられています。

関連リンク

リンク:河村城跡(かわむらじょうあと) | 山北町
リンク:河村城 埋もれた古城

オススメの本、雑誌

  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

お城データ

 
神奈川県足柄上郡山北町山北 河村城址歴史公園
お城名
河村城(かわむらじょう)
概要
南北朝時代、南朝側の河村氏が足利尊氏と戦った城。
主な城主
築城主:河村秀高
所在地
神奈川県足柄上郡山北町山北 河村城址歴史公園
アクセス
JR御殿場線「山北」駅徒歩15分。
駐車場
なし
オフィシャルサイト

2 件のコメント

  1. Jewels

    1. 久しぶりに
    ブログアップされてるーと思ってみたら。

    城攻めてるwwww

    あちきは石垣作れないでありんす
    http://ameblo.jp/semiprecious/

  2. tomsugardesign

    2. Re:久しぶりに
    >Jewelsさん
    ここにコメント返信しはずだったのに、コメント反映されて無かったでありんす。

    日本の石垣技術はすごいらしいでありんすよー明治あたりで西洋からいしづみの技術が入って来たでありんすが、日本のやり方のほうが簡単で地震に強いんでありんす☆
    http://ameblo.jp/tomsugardesign/

コメントは受け付けていません。