八王子城の戦乱で血に染まったという滝を見て「ここで投身とかないわー」と思いを馳せてみた。

秀吉の脅威が東に迫る中、普請された関東屈指の山城

八王子城

西で勢力を強める秀吉の勢力への守備の増強として、滝山城から防御力の高い深沢山へ城を移動したのが始まりです。築城主は、北条氏照(小田原城最後の城主の北条氏直の叔父にあたる。)。滝山城は最高点で標高228mであるのに対し、八王子城は標高445mで約2倍。城の絵図など残っていないので、建造物の形状などは不明確ですが、氏照の部下が安土城を視察に行った記録があることから、なんらかの参考にしたのではないかと目されています。

殿の逃走路ヴェネチア産のレースガラスの壷が発見されていることから(レースガラスは日本でここでしか発見されていません)、なかなか優美な生活をしていたと思われますが、秀吉の小田原討伐の一環として(というか本丸である小田原城を揺さぶるために)1590年7月24日に上杉景勝・前田利家・真田昌幸らの部隊1万5千人に徹底的に叩き潰されています。そのとき氏照は、本城である小田原城に詰めていたので城主と主戦力部隊以外が全滅させられています。その後、小田原城も無血開城し責任者一同切腹させられていますね。もちろん氏照も。ここで、北条氏滅亡です。

八王子城はなにより高尾駅からバスが便利で経済的

八王子城跡行きバス

新宿駅から高尾駅まで京王線またはJRで行けます。北口からバスが出ているので、平日であれば「霊園前」下車。そこから坂道を徒歩15分くらいで城跡の入り口付近まで行けます。土日祝日であれば、八王子城跡行きバス(1時間に一本)が出ているので、それに乗りましょう★

八王子城跡行きバス 時刻表
北口の1番乗り場
土日祝日ー高尾駅から八王子城方面行きバスの時刻表
休みの日は城跡に行ってくれるバスが出ています!
(2015年5月現在)

高尾駅行きバス 時刻表
北口の1番乗り場
平日ー高尾駅から八王子城方面行きバスの時刻表
城跡へ行くには、霊園前下車
(2015年5月現在)

2015-05-24 12.12.32
八王子城から駅行きバスの時刻表
(2015年5月現在)

最新の時刻表はここから見てください。

八王子城の歴史が一瞬でわかるガイダンス施設

八王子城 ガイダンス施設

城を楽しむにはまず城の歴史背景から!ガイダンス施設があるので、そこで小田原城の紹介ビデオを見るのがオススメです!ここにレースガラスの複製が飾られています。今見てもきれいなガラス細工なので、当時としてはぶっ飛ぶ美しさだったのだろうと思いますよ!ここには、きれいなトイレと2階に休憩できる場所があるのでバスの時間調整などでの利用も便利です。

小田原城

ガイダンス施設を出て、坂を上っていくとボランティアガイドさんがいる管理棟があります。ここに100名城スタンプもあります。ここでガイドをお願いすると1時間ほどガイドしてもらえます。城内はガイドさんが一緒じゃないと見れないエリアがあるので、お願いしたんですが、今はタケノコ狩りの時期なのでガイドさんがいても入れなかったですw城ファンにまぎれてタケノコ泥棒が来るそうですよ。そういえば、群馬の金山城でもタケノコ泥棒と間違えられた事あるわーw

今も専門家の間で決着がつかない八王子城の遺跡と復元された建造物

八王子城 追手門跡大手門跡
昭和63年に発掘調査されて石畳が発見されていますが、埋め戻されたので現在は見る事ができません。

八王子城 曳橋曵橋(ひきはし)
追手門から伸びる通路から城をつなぐ敵が来たら落とす橋です。復元されたものがあったのですが、危ないから通行止めで渡れなかったのですが、今は撤去されています。今は新しい橋の再建計画が出ているそうです。

御守殿の滝御守殿の滝
こちらは、八王子城落城の時に自刀して身投げしたとされる滝です。心霊スポットとしても有名です。でもさ自刀してるのになんで身投げすんだよ?って思うんですよ・・・しかも、高低差がなさすぎる・・・これ飛び込まないでしょ?

八王子城 虎口遠景虎口(こぐち)
こちらは、埋め戻されずに当時の階段がそのまま利用されています。破損がある場合は修復復元されています。ここは階段の一番上のほうが幅が広く作られています。遠くから見ると上が広いけど、下から見上げるといい感じに見えるように設計しています。この技法パルテノン神殿とか思い出しますね。

八王子城 獣道御守殿跡
氏照の館と来賓施設があったとされる場所です。池と枯山水の遺跡が発見されています。ここでレースガラスや高級な明製の皿などが発見されています。

八王子城 現存石垣現存の石垣
御守殿跡から謎の獣道みたいなところ登っていくと、現存の石垣がかなりいい感じで拝めます。この獣道たまに道がわからなくなるのでお勧めできませんが、無事に登っていくと松木曲輪にたどり着きます。できれば、石垣みたらそのままUターンして戻るのが妥当です。

八王子神社八王子神社
京都から訪れた妙行(みょうこう)という修行僧が、深沢山(後の八王子城)の山頂の岩屋で修行をはじめたところ、色々省略した後、牛頭天王と8人の王子が登場して、「この辺の事、頼んだよ!」っていわれた事が起こりとされています。八王子の地名はここに由来するとされています。
まじめな話はこちら

八王子城 本丸跡本丸跡
山の頂上にある狭い曲輪跡です。登ると「こんなもん?」って思うかもしれませんが、だいたいの山城はそんなもんです。

八王子城のまとめ

八王子城からの眺め

数ある山城の中でも、なかなか見応えのあるお城だと思います。でも秀吉の侵攻に備えると言いつつも、荒々しい山城ではなくて、優雅なお庭とか作ってますね。なんか平和な土地だったんだろうなーと想像してしまいますね。フルで見学したい場合はタケノコの時期ははずしましょー

八王子城関連リンク

リンク:八王子城wiki
リンク:八王子城跡

オススメの本、雑誌

  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

お城データ

 
東京都八王子市元八王子町 八王子城跡
お城名
八王子城(はちおうじじょう)
概要
秀吉の関東侵攻に備え本格的に城構えを備えた。関東屈指の山城。
主な城主
築城主:北条氏照
所在地
東京都八王子市元八王子町 八王子城跡
アクセス
JR高尾駅北口1番バス停から「高尾の森わくわくビレッジ」「宝生寺団地」「恩方車庫」「大久保」「陣馬高原下」「グリーンタウン高尾」「美山町」行きに乗車。バス停「霊園前」下車、徒歩約15分。
土・日・祝日は「八王子城跡」に乗車。終点下車。
駐車場
大型バス4台・普通車50台
ガイド施設・ガイド
管理棟にて八王子城跡ガイドボランティアをお願いできます。無料。
午前9時から午後4時まで(受付は午前9時から午後3時まで)
オフィシャルサイト

コメントを残す