応仁の乱 西の砦であった船岡山城

船岡山城石碑

京都府北区にある船岡山は高さ112m程の小丘です。京都に都が置かれた際、風水思想に基づいて北の守り「玄武」の山とされました。京の都において、北の測量基準であったこの地の真南に大極殿と朱雀大路が作られました。船岡山が山城となったのは、応仁の乱(1467年)の頃でした。

船岡山城の歴史

船岡山城 境内 曲輪

船岡山は山名氏らが率いる西軍の砦とされましたが、翌1468年に東軍の浦上則宗の襲撃の受け落城しました。その後、細川氏三人の養子(細川澄之、細川澄元、細川高国)の家督争いに端を発した船岡山合戦(1511年)においても、細川政賢が船岡山に再び陣を張りましたが、細川高国・大内軍に攻められ、政賢が戦死し落城しました。

現在の船岡山城

船岡山公園 看板

現在は、船岡山は船岡山公園として整備され、山頂に織田信長を祀る建勲神社があります。船岡山城の大部分の遺構は神社の敷地内で立ち入り禁止エリアにありますが、山の中腹にある横堀は中を歩くことができます。

船岡山城訪問レポート

船岡山公園入口船岡山公園の入り口は複数ありますが、一番近い入口は船岡山バス停から船岡山数分で到着します。

船岡山公園からの眺め公園の一番高いところまで登ると、ちょっと眺めがいいところに出ます。しかし山城としては高度が心許ない気がしますね。

船岡山城 横堀公園内を遺構を探してさまよっていると、堀を見つけました。公園中央部にあるトイレのあたりから、長く伸びる横堀を発見。

船岡山城 横堀深さはもっとあったでしょうね~。と思いながら歩いていきます。

船岡山城 横堀ちょっと、開けたところにでます。

船岡山城 横堀左側に斜面が登場します。

船岡山城 石標横堀を抜けると、整備された公園の通路にたどり着きました。そこには謎の石標が。

城の遺構の大部分は神社の境内の中なので立ち入ることができませんが、柵の外から覗いてみます。

船岡山城 建勲神社境内
船岡山城 境内 曲輪

船岡山城 建勲神社境内

かなり、いい感じに遺構が残っていますね、、、

船岡山城まとめ

船岡山城 からみる大文字船岡山は公園として整備されていて、遺構の場所がわかりにくいですが、結構野放しに残されていて面白いです。山頂の建勲神社からは左大文字の山が見えます。応仁の乱の戦の痕跡に触れることができて、とても感慨深い城訪問となりました。

オススメの本、雑誌

  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?
  • 図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    戦国時代100年を地図を使って時系列で図解。年代順による全国の戦国・守護大名の勢力範囲を中心に国人衆を地図で網羅!より詳細に解説しています。 家系図・人物相関図に大小30以上に及ぶ合戦も図解しています。

お城データ

 
お城名
船岡山城(ふなおかやまじょう)
概要
応仁の乱の西軍の城として船岡山に作られた山城
所在地
京都府京都市北区紫野北舟岡町