南蛮文化咲き乱れ 活気に溢れていた大友氏の拠点大友氏遺跡

funaimap1大分府内の町 大分市教育委員会作成のパンフレットを参考に制作

大友氏の居館であった大友氏館跡とその周辺にある旧万寿寺跡、御蔵場跡、上原館跡(うえのはるやかた)、唐人町跡が大友氏遺跡として、国の史跡に指定されています。大友氏館と周辺の町は当時「府内」(現在の元町・顕徳町・錦町・長浜町)と呼ばれていました。歴代大友氏の中でも、有名な戦国大名大友宗麟の時代にはキリスト教を保護し、南蛮文化が花開く、国際的な都市でした。

大友氏遺跡

大友氏遺跡の中心施設である、大友氏館の発掘調査は現在も進行中で、これまでに、庭園跡、主殿と考えられる中心建物の遺構や高級陶磁器が発見されています。大友氏館は14世紀後半(南北朝時代)に整備され、16世紀後半大友宗麟と息子の義鎮(よしむね)の時代に最盛期を迎えています。館の規模は約200m四方に整備され、当時の遺物や遺構の状況から、南蛮貿易により、繁栄した府内の様子が明らかになってきています。

大友氏館看板

詳しい発掘レポートは大分市のページにあります。

万寿寺は平安時代に創建されましたが、一度衰退し、大友氏5代当主貞親が1306年に再興させました。その規模は東西約250m、南北約360mの巨大な寺院で、室町時代初期には臨済宗の寺格としては五山の次に高位である、十刹に列せられました。

御蔵場は16世紀後半に建設されたとみられる、蔵と広場のある空間です。戦国時代の遺跡にこのような建造物は全国的に他に例が無く、大変珍しい発見だそうです。

唯一表層遺構が見られる上原館へ

上原館の創建年代には諸説あり、15世紀後半~16世紀後半と考えられています。現在は館跡の南東の隅の土塁部分が整備されて石碑と説明版が設置されています。館があった個所は現在住宅地となっています。

大友氏遺跡 上原館の北側

土塁の北側の道路です。こちらに館などの建造物が立ち並んでいたということですが、今も道が不自然に曲がっていますね。当時の道がそのまま使われているのでしょうか。

上原館の縄張り図

上原館 土塁の西側の道現地にある縄張り図によると、こちらは搦手ですね。今は土塁の西側に道がありますが、当時は斜面まで土塁があったのですね。

大友氏遺跡は、上原館の土塁を見ることができますが、そのほかの遺跡では表層の遺跡は見ることができません。大友氏遺跡体験学習館では、大友氏館や府内の町の様子が復元イラストが展示されていて、解説動画も視聴することができるので、表層遺跡の無い遺跡をイメージするのに役立ちます。

大分市こどもページ [大友氏遺跡体験学習館のご案内]

今後の大友氏遺跡

大友氏館看板

大友氏遺跡は、今後、庭園部分から復元していくそうです。土台の遺構のみで建造物を復元するのは大変そうですが、いつの日か、往時の大友氏館を見ることができるといいですね。

出典

「大友氏遺跡の価値を知る」大分市教育委員会発行のパンフレット

「発見!大分市のまちのルーツは戦国時代にあり!」大分市教育委員会発行のパンフレット

「大友氏館跡の概要」大分市教育委員会発行のパンフレット

「宗麟の戦国都市解明に大きく前進!-万寿寺門前町の全貌がはじめて明らかにー」大分市教育委員会発行のパンフレット

大友氏遺跡 – Wikipedia

オススメの本、雑誌

  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

お城データ

 
お城名
大友氏館(おおともしやかた)
お城別名
大友氏遺跡
概要
大友氏館と周辺の町は当時「府内」と呼ばれていました。遺跡は現在発掘調査が進んでいて、館が復元されていくそうです。
所在地
大分県大分市顕徳町3丁目-2-43
アクセス
大分駅から、東へ徒歩17分

コメントを残す