古代へタイムトリップできる?!最大級の東北城柵 志波城は復元規模も最大級

shiwajyo-front

志波城(しわじょう又はしわのき)は岩手県盛岡市にある、古代城柵です。奈良時代から平安時代、まだ東北が朝廷の勢力下ではなかった頃、朝廷は軍隊を派遣して東北の支配を進めていました。その頃、現地に住んでいた蝦夷を支配するため作られたのが古代城柵でした。志波城は平安時代初期に、その頃の征夷大将軍であった坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)によって造営されました。古代城柵の中では最大級でした。

今の志波城跡には「志波城古代公園」が整備されていて、築地塀や、大溝(堀)、外郭南門、政庁の門、官衙建物が復元されていて、当時の様子を見ることができます。外郭をぐるっと囲む築地塀の外側には、土塁をともなう大溝(堀)が巡らされています。山城などで見られるような堀ほど深く無く、深さは1〜2mくらいでしょうか?防御のためというよりは、蝦夷の世界と朝廷の世界の境界線を演出しているような印象を受けます。

shiwajyo-tateanashikijyukyo

shiwajyo-tateanatatemono-fukugenzu
現地看板より
大溝を橋が渡してあり、正門と思われる「外郭南門」を入ると竪穴式建物が復元されています。現地の看板によると、このような建物が1200〜2000もあり、「鎮兵(ちんぺい)」と呼ばれる、長期滞在兵の兵舎として、武器や道具を修理する工房として使われていたと考えられているそうです。

15shiwajyo-kanga

そして、志波城の中心地に近づいていくと、官衙(かんが)建物が復元されています。ここの内部は資料館となっていて、役人のおじさんの人形がいます。これら官衙建物では兵士への給料管理から、物資運搬の手配、遠征軍の行軍計画など志波城運営のための実務一切が執り行われていました。


shiwajyo-seichominamimon
政庁南門

shiwajyo-seiden-ato
正殿跡

shiwajyo-seiden政庁は城柵の中心部です。支配下に置いた蝦夷(俘囚)が、朝廷権力に対しご機嫌伺いする事を朝貢(ちょうこう)と言い、朝貢に来た蝦夷に位を与えたり、禄物を与え、支配を盤石なものにする儀式を饗給(きょうごう)と言います。一旦支配下に置いた俘囚でも、過去に何度も暴動を起こして、朝廷側は煮え湯を飲まされていたので、この政庁で行われる儀式は東北の安定的な運営のため非常に重要だったと考えられます。

shiwajyo-zentaimap
資料館の志波城マップ

そして、造営から10年後、雫石川が氾濫し、志波城の北部分が失われてしまいます。この後、城柵機能は志波城から北に位置する徳丹城に移り、志波城は廃絶されます。

shiwajyo-shiryokan

そうそう、志波城を楽しむ前に、資料館へ

志波城は復元建造物や、解説看板が充実していますが、やはり資料館にまず立ち寄りたいですよね。私が訪れたこの日、しわまろくんいるかな〜と思って行きましたが

shiwajyo-shiwamarokun2

いた!!
テンションあがりました〜
そして、このしわまろくんのプロフィールが衝撃的なのでご紹介しますね。

征夷大将軍 坂上田村麻呂が、蝦夷の権力者アヌシコの娘に生ませた子どもです。しわまろくんが志波城で遊んでいたところ、現代の「志波城古代公園」にタイムスリップしてしまい、それ以来、古代と現代を行き来できるようになった。

いや〜すごい!!
一緒に古代に行ってこの目で見たいものです。

志波城へのアクセス

shiwajyo-bus志波城へのアクセスは整備されていてとても簡単!
盛岡駅から岩手県交通バス「志波城古代公園」行きが出ています。本数も結構あるので安心です。

出典

オススメの本、雑誌

  • 蝦夷と東北戦争

    蝦夷と東北戦争

    古代国家が、蝦夷を武力で制圧した「征夷」。伊治公呰麻呂の乱をはじめ、阿弖流為と坂上田村麻呂の戦いなど、八世紀から九世紀に至る幾多の戦乱を検証。征夷に関わった人々に焦点を当て、蝦夷支配の真実を描き出す。
  • 図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    戦国時代100年を地図を使って時系列で図解。年代順による全国の戦国・守護大名の勢力範囲を中心に国人衆を地図で網羅!より詳細に解説しています。 家系図・人物相関図に大小30以上に及ぶ合戦も図解しています。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?

コメントを残す