日本海外交で数々の来賓を迎えた秋田城

秋田城

渤海使船航路古代日本において、日本と海外の玄関口は日本海側でした。遣唐使船が有名ですが、唐よりも、もっと日本よりに渤海(ぼっかい)という外交国家があり、日本と密に交易を行なっていました。当時の船は日本海を直進する性能はなく、大陸や島伝いの航路を取るしかなく、渤海から船出した船は、南側の航路は新羅と情勢不安により使えない期間は、一旦北上し現在の北海道、津軽などの港を経由して秋田にやって来ていました。

秋田城 政庁の門

大和朝廷はまだ支配下になかったエミシの土地(現在の東北地域)に勢力を伸ばすため、城柵を築いていきました。秋田城は、760年に設置され国府(地方行政府)が置かれていましたが、秋田城付近では度重なるエミシの反乱が起きていて、804年に河辺府に国府が移されます。秋田城は軍事機能を強化して11世紀頃まで存続し続けました。

秋田城 政庁 建物跡

硬軟織り交ぜたエミシ支配

戸籍の管理や税の徴収などの政庁としての役割のほかに、大和朝廷に対して友好的なエミシを饗応したり、兵士(鎮兵)を常駐させ、支配が完全でないエミシを軍事的に制圧する役割をになっていました。

秋田城

鵜ノ木地区

秋田城 東門
東門

秋田城 鵜ノ木地区
秋田城 鵜ノ木地区

鵜ノ木地区には、大型建物群が発見されていて、ここには寺院があったと考えられています。

外交の窓口

秋田城 水洗トイレ
古代水洗厠

そして、日本海側という立地から、秋田城の古代の水洗トイレからは当時日本人が食べていなかった豚食の寄生虫の卵が発見されているため、渤海国からの使節団受け入れてと考えられています。

秋田城 古代沼
古代沼

秋田城まとめ

秋田城
秋田城は広大な敷地に復元建造物や、看板が整備されていてとても見ごたえがあります。まっ平でなく、土地に緩やかな起伏があり、とても綺麗な公園だったとの印象があります。訪問時にはまだなかった秋田城跡歴史資料館も2016年に開館しています。次に訪れた時には、資料館にも足を運びたいものですね。

オススメの本、雑誌

  • 続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    城めぐりファン待望の「続日本100名城」の公式ガイドブックが、 切り離して持ち運べる「スタンプ帳」つきで、遂に登場! 各城のデータ、主な遺構、見どころのほかに、歴史と縄張も詳細解説。 巻頭には、続日本100名城と一緒に日本100名城も掲載した地域別マップほか、要塞や山城、天守、石垣についての特集も充実。
  • 蝦夷と東北戦争

    蝦夷と東北戦争

    古代国家が、蝦夷を武力で制圧した「征夷」。伊治公呰麻呂の乱をはじめ、阿弖流為と坂上田村麻呂の戦いなど、八世紀から九世紀に至る幾多の戦乱を検証。征夷に関わった人々に焦点を当て、蝦夷支配の真実を描き出す。
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。

お城データ

 
お城名
秋田城(あきたじょう/あきたのき)
概要
出羽柵から秋田へ移転され秋田城と呼ばれるようになる。出羽国の国府。
所在地
秋田県秋田市寺内
アクセス
秋田駅からバスで20分「将軍野線」または「寺内経由土崎線」行きに乗車。「秋田城跡歴史資料館前」下車
営業時間
秋田城跡歴史資料館 9:00-16:30
定休日
秋田城跡歴史資料館 年末年始(12月29日~1月3日)
料金
秋田城跡歴史資料館 一般200円 団体(20名以上)160円 高校生以下無料、年間観覧券300円
駐車場
駐車場あり(史跡公園管理棟側40台、資料館側40台。大型バス可)
ガイド施設・ガイド
秋田城跡歴史資料館 4月1日~11月30日(午前9時~午後4時)「秋田城跡ボランティアガイドの会」