海に浮かぶ海城だった大友宗麟の牙城 臼杵城

臼杵城

大分県史跡臼杵城は、戦国時代1556年に大友義鎮(宗麟)が丹生(にゅう)島に城を築いたのが始まりです。

臼杵城の看板より

臼杵城当時、臼杵城は周囲を海に囲まれ、干潮時にのみ西側に陸地(干潟)が現れる天然の要害の地にありました。現在は、海は埋め立てられて、城の周囲が海であった様子はわかりにくいですが、平地から急峻な断崖がそそり立っている様子から、島だったのだなと容易に想像できる地形が残っています。

大友氏の栄枯盛衰

大友氏が大分府内の大友氏館(臼杵城から北西方面に約30キロ)から臼杵城に拠点を移したのは、1557~1561年(具体的に時期を断定する資料はない)とされています。大友氏館は地形的にも平たんな土地にあり、復元イラストを見ても、都(京都)を意識した雅な御殿の立ち並ぶ館で、戦国時代の要塞としては心許なかったのではないかと推察します。

大友氏館の復元イラストはこちらのサイトに掲載されています。大友氏遺跡概要 – おおいた応援隊 大友歴史保存会

 

臼杵城 国崩し(レプリカ)
臼杵城 国崩し(レプリカ)

鎌倉時代からの守護大名であった大友氏は、戦国期に最盛期を迎え絶大な勢力を誇っていましたが、破竹の勢いで領土を拡大してきた島津軍の侵攻を1586年に受けることとなります。大友宗麟は、大坂城へ赴き豊臣傘下へ下ることを約束し、秀吉の援軍を求めます。本拠地臼杵城は、日本に初めて輸入された大砲といわれる「国崩し」(フランキ砲)も動員して応戦しました。

臼杵城の城下町
臼杵城の城下町

臼杵城 正面豊臣軍が九州に到着し島津軍を打ち負かしていってくれたおかげで、大友氏は、この戦いで勝ちはしますが、前の本拠であった大友氏館一帯は島津軍に焼き払われ、臼杵城一帯も大被害を受けて滅亡寸前まで追い詰められてしまいます。悲劇は続くもので、翌年に、宗麟が死去、嫡男義統(よしむね)が家督を継ぎます。

大友氏から、新しい城主へ

豊臣秀吉が九州を平定したのちは、豊後一国を安堵され、大友氏は大名として無事生き残っていましが、朝鮮出兵(文禄慶長の役)の際、味方を救出せず撤退した事が問題になり、義統が敵前逃亡の咎で改易され、大友氏の時代が終焉を迎えます。

大門櫓近くの土塁
大門櫓近くの土塁
その後、豊臣系の大名、福原氏、太田氏が城主を務め、関ケ原の戦い以後は、美濃から入封した稲葉氏が幕末までの15代にわたり城主となります。

臼杵城の感想

卯虎口門(うとのくちもん)
卯虎口門(うとのくちもん)

臼杵駅から一番近い臼杵城の入り口は、卯虎口門(うとのくちもん)で、臼杵駅方面から訪問する際はこちらから登城する人が多いかと思います。ここは当時、海の中。

卯虎口門脇櫓(うとのくちもんわきやぐら)
卯虎口門脇櫓(うとのくちもんわきやぐら)

卯虎口門脇櫓を見上げると、海からまっすぐそそり立った岸壁であったと想像できます。かなりきつめの階段を上ると、

臼杵城 卯虎口門付近より
臼杵城 卯虎口門付近より

臼杵城の稲荷神社からけっこう高く卯虎口門脇櫓の横から見下ろすとちょっと怖い。稲荷神社からは海がよく見えました。

臼杵城本丸の端っこから下をのぞくと、本丸と海水面落差が想像できます。これは船でつけても登るのは容易ではありませんね。

本丸空堀
本丸空堀
臼杵城 鉄門櫓跡
臼杵城 鉄門櫓跡

本丸と二の丸の間には、鉄門櫓跡や、大きな空堀があり見ごたえのある石垣(17世紀前半)が見られます。

臼杵城 天守台
臼杵城 天守台

臼杵城内で唯一の16世紀の石垣が残る天守台の横から二の丸方面へ歩いてみましたが、城内はそれほど高低差もなく、高石垣を張り巡らされていたにせよ、要害を突破されて侵入されると、ひとたまりもなかったのではないかなと想像します。

臼杵城 大門櫓跡
臼杵城 大門櫓跡

正面玄関にあたる大門櫓の方面に抜けると、城の表情はがらっと変わり、石垣と岩が混在していて、いかにも荒々しいお城が見られます。城下町からは、さぞ見栄えのする城塞だったのでしょうね。城内にはとても詳しい説明看板が各所にあり、よく整備されて、下調べなしで訪れても十分に楽しめるお城でした。また行く機会があったら、今度は三の丸周辺と、城の外周をじっくり巡りたいと思います。

臼杵城 鐙坂
大友氏時代から登城路としてあった、岩をくり抜いた「鐙坂(あぶみざか)」

鐙坂の祠?P.S.鐙坂にある謎の祠のようなもの。これなんだろう??

出典

オススメの本、雑誌

  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?
  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?

お城データ

 
お城名
臼杵城(うすきじょう)
お城別名
丹生島城、巨亀城、金亀城、亀城
所在地
大分県臼杵市臼杵丹生島
アクセス
臼杵駅から徒歩7分

コメントを残す