真田幸村推しが半端ない「上田城」なぜか赤構えの幸村がうろちょろしてる。

上田城外周

幸村くん上田城につくと、赤い鎧の真田幸村くんがうろちょろしていました。「なぜ赤い鎧なのだ?そしてそもそもなぜ幸村がメインなの?昌幸じゃないの?」などと考えてはいけませんよ。ゲームのキャラクターがベースなんです。そして、時代をさかのぼって江戸時代の歌舞伎の題材になったりして幸村はずーっと人気者なんですよね。

上田城だけでなく信濃一体がめくるめく真田推し!そう、徹頭徹尾真田氏しかいなかったかの様な演出です。この上田城やはり真田昌幸の上田合戦で有名な場所ですから、当時のお城と城下町ってどんなだろうと思いを馳せますが、適当に描かれた古地図みたいなのしか残っていなくて、実際にどういう館が建ってたのかも不明というのが現状のようです。

真田氏のお城だった時代の上田城

上田城西虎口
上田城西虎口
上田城はもとは、真田昌幸が真田本城と真田氏館から本拠地を移し築城されたものとされています。上田周辺は武田家の領地だったのですが、武田が滅亡した後には織田信長の支配下になり、すぐ信長が暗殺されたので情勢不安に陥ります。上杉、徳川、北条が取り合いをしていたこの地域で、真田昌幸(真田幸村の父親)はあっちに付いたりこっちに付いたりしていました。徳川と喧嘩分かれして上杉に乗り換えたことで、徳川家康が激怒、大軍勢を率いて上田に攻めてきます。これが有名な第一次上田合戦です。真田昌幸の策にはまった徳川軍は多数の死者を出して敗走します。第二次上田合戦は家康の息子の秀忠の率いる軍勢との戦になります。これも昌幸の作戦勝ちで徳川軍またもや多数の死者を出して敗走となります。この後関ヶ原の戦いがあって徳川の世になるのですが、家康は上田城の徹底的な破壊を命じます。このため、真田時代の上田城を見る事はできません。仙石氏と松平氏時代に築かれた城が現在の上田城です。

上田城に残る真田の名残

上田城真田石真田石
真田昌幸が本丸の入口右手の石垣に高さ約2.5m、横3mの柱石として据えました。真田信之が松代へ移る時この石を父の形見に持って行こうとしましたが動かす事ができずに、あきらめてこの地に残して行ったと言われています。(でも、昌幸時代の石垣としてはちょっと時代が合わない気がしますね。こういう大きな石を戦国時代の石垣で使うのはあまりないですから、、、)

上田城真田井戸真田井戸
この井戸には抜け穴があって城北の太郎山麓の砦に通じていたとされています。篭城の際の兵糧の搬入や兵の出入りに使われたという伝説が残ります。

上田城まとめ

上田城真田神社上田城は真田氏のお城として有名ですが、真田氏が城主であったのは(途中ごちゃごちゃありましたが)約40年だけです。仙石氏が城主だったのは約85年、松平氏が城主だったのは約160年と比べたらかなり短いわけですが、やはり上田合戦と大阪の陣での真田幸村の活躍が有名なのでそちらのイメージを押し出す形となっています。上田は松平氏の作り上げた街といっても過言ではないのに、もう全くもって存在していなかったかのような状況が涙を誘います。城内にある真田神社も松平氏の先祖を祀る「松平神社」だったのに昭和に入ってなぜか真田神社に改名しています。観光のためにはやむを得ずということでしょうかね。上田市立博物館の中の展示と説明はちゃんと史実に乗っ取ったものになっていますから、ぜひそちらへも立ち寄ってくださいね。

オススメの本、雑誌

  • ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)

    ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)

    第2巻ではスペシャルで放送された東京駅、3回連続放送で話題を呼んだ富士山、そして大河ドラマ「真田丸」ゆかりの土地である上田・沼田を収録。 街の成り立ちを、土地や建物に残された痕跡から、歴史・文化・地質学などさまざまなアプローチで掘り下げ、これまでとは一味もふた味も違うディープな街歩きを楽しめます。 本編では語り切れなかったエピソードや、ロケの撮影風景の特別写真、街歩きに便利な地図などを多数収録。 散歩に、旅のお供に欠かせない一冊です。
  • ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

    ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

    真田家ヒストリーを キッカケに 旅にでよう!! 戦国武将の真田昌幸・信繁に関連した城跡と史跡をご紹介。 単なる情報で終わらず、「真田の痕跡を探せ! 」をテーマに現地取材による編集部独自のレポートを掲載。 どこから城跡を見ると、河岸段丘や土地の高低差がわかるグッドビューポイント等、城跡史跡にとどま らず、真田家ヒストリーに関わる川や滝、峠、祭りまでも現地取材をまじえてのご紹介!! 戦国時代の研究第一人者の小和田哲男教授の「小和田教授のココだけの話」も必見。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?

お城データ

 
長野県上田市二の丸
お城名
上田城(うえだじょう)
お城別名
尼ヶ淵城、真田城
概要
当時小豪族だった真田氏が築いた名城。徳川の上田攻めを2度退けた。
主な城主
真田昌幸
所在地
長野県上田市二の丸
オフィシャルサイト