井伊直政築城の高崎城 市街地に残る土塁と堀をめぐる

高崎城

高崎城は群馬県高崎市にある平城です。この地には平安末期から和田氏の居館があり「和田城」と呼ばれていました。1590年小田原征伐にて当時北条氏の傘下であった和田城は豊臣秀吉軍の上杉景勝・前田利家に包囲され落城します。その後、徳川家康が関東へ移封となり、徳川氏配下の井伊直政が箕輪城に入りましたが、後に高崎に新たに城を築き「高崎城」に居城を移しました。関ヶ原の戦いの後、直政が近江佐和山城に移封となった後は、目まぐるしく城主が入れ替わり幕末を迎えます。

高崎城散策

高崎城地図

高崎城 乾櫓1.高崎城址のランドマークといえば、お濠端通りと大手門通りの交差点付近にある、模擬石垣と移築櫓と移築門です。模擬石垣の上に据えられた乾櫓(県指定重要文化財)は元、本丸にあった4基の櫓の内の一つで土塁の上にあったものです。明治初期に農家に払い下げられていたものをこの場所に移築復元してあります。

高崎城 乾櫓と東門2.そしてその隣には、在城当時の通用門であった東門(市指定重要文化財)があります。こちらも農家に払い下げられていたものが移築復元されています。しかし、高崎城絵図に描かれた東門とは形状が違う事から、藩主居宅の門との説もあります。

高崎城 高崎城址公園3.乾櫓から南に向かって歩くと、現在の高崎市役所があります。市役所周辺は三の丸にあたるエリアで、現在は廃寺となった威徳寺(いとくじ)と現在は下横町にある興禅寺がありました。

高崎城 紅葉

高崎城 土塁4.城址公園の土塁は上を登って歩く事ができます。所々の木々が紅葉してちょっと綺麗です。土塁の上から水堀を見下ろすことができます。

高崎城 堀5.城址公園の土塁と水堀

高崎城 高崎公園6.現在の高崎公園は廃寺となった大染寺があった場所です。

高崎城 烏川7.高崎公園から延びる遊歩道から高崎城の南西を守る烏川の河原に降りる事ができます。烏川の水は濃い青で本当に綺麗です。

高崎城 烏川から本丸8.城の南端から本丸の方まで7分程度歩きます。景色もきれいなので、お時間のある方にはオススメのルートです。河原から本丸までの高低差は3mくらい?

高崎城 本丸9.歩道橋から本丸方面を見渡せるかと思いましたが、建物が高いのでよく見渡せないですね。

高崎城 NTT東日本10.NTT東日本のある位置が本丸のエリアです。歩道より少し地面が高いのでこの高さが元の高さでしょうか。

高崎城 水路11.中央図書館の前に本丸掘りと二の丸堀を結んでいた石垣水路と石樋が移築復元されています。

高崎城 土塁と堀12.高崎城北辺の土塁と堀もきれいに残っています。高崎郵便局の北側の堀の一部は遊歩道として整備されています。

冬の夜にはイルミネーションが美しい

高崎城 イルミネーション

☆「高崎光のページェント」開催中は城址公園のお堀などでイルミネーションが点灯します。なかなかきれいな光景です。
開催期間:2017年11月23日-2018年1月8日
時間:17:00-22:00(金・土・日は24:00まで)
高崎光のページェント
http://www.takasaki.fm/hikari/

高崎城まとめ

高崎城 空

高崎城は市街地に飲み込まれてしまっているので、お城の遺構といえば乾櫓周辺のみしか見どころが無いかと思いきや、土塁や水堀がよく残っていて、あまり広大な城ではないため縄張りをぐるっと歩いてもさほど疲れません。そしてなにより、景色が綺麗です。実は、高崎城はサクッと終わらせて近くの城に行こうと思っていたのですが、周辺の土塁や烏川の河原を散策は楽しく時間が予定より長くかかってしまいました。お城の散策時間は3~4時間ほど。この後、高崎城の書院が移築されているという長松寺を訪れる事にしました。その様子は「高崎城番外編 高崎寺社巡り」にて。

出典

オススメの本、雑誌

  • 2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全読本

    2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全読本

    2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」を10倍楽しく見るための必須ガイド本
    出演者や森下佳子さん(脚本家)らのインタビューで、ドラマの舞台裏をチェック。ストーリーのあらすじは、歴史用語解説付きでわかりやすい。井伊直虎ゆかりの地のガイドブックとしても活用できる。松平定知さん(元NHKアナウンサー)の紀行文も読み応えたっぷり。そのほか、ドラマに関連した読み物や情報が盛りだくさんの珠玉の一冊。
  • おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    戦国のニューヒロイン誕生! 2017年大河ドラマ 『おんな城主 直虎』を完全ガイド!
    それが天命ならば、覚悟を決める。
    姫でありながら男の名を名乗り、戦国を生き抜いた「井伊直虎」。その波乱の生涯を描く大河ドラマを徹底紹介。ドラマを楽しむために必携の一冊。
    ◆ここでしか読めない! 3人の絆、それぞれへの思い
    柴咲コウ(井伊直虎 役)× 三浦春馬(井伊直親 役)× 高橋一生(小野政次 役)
    ◆時代考証・小和田哲男さんと行く
    直虎のふるさと[舞台地・歴史特集]そのほか、人気定番企画も充実!
  • 太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    近藤太一は、真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫することであった。そんな彼は、ある日突然、目の前に現れた怪しげな少女の呪術により、念願の戦国時代へと転生する。しかし、その転生先は…悲劇のラストプリンス、豊臣秀頼であった!時は「関ヶ原の戦い」のわずか一ヵ月前。まだ7歳の秀頼は、没落の運命にある豊臣家を立て直すことができるのか!?

お城データ

 
お城名
高崎城(たかさきじょう)
お城別名
和田城
概要
箕輪城主であった井伊直政は、家康の命により、1597年に拠点を中山道と三国街道の分岐点にあたる高崎に移し、和田古城の跡地に近世城郭を築きました。
所在地
群馬県高崎市高松町
アクセス
JR高崎駅から徒歩15分

コメントを残す