ゴルフをしながらまわれる中世豪族のお屋敷跡:真田氏館

真田発祥の地は美しい田園地帯だ〜

真田コスモス真田自治センターバス停で下車して真田の田園地帯を30分ほど歩くと真田氏館へたどり着きます。車の交通量もそれほどなく歩きやすい道路で季節ごとの草花が目を和ませてくれます。

真田歴史館には幸村の甲冑があるよ!

真田歴史館お屋敷の隣には(正確にはお屋敷の敷地内)真田氏歴史館があり真田幸隆(真田幸村のおじいちゃん)の代からの真田家の概要や近隣にある支城の説明などがあります。なにより真田幸村の鎧まで展示されていて、この鹿の角が誇張されるとああいうことになるのねという風に妙に納得できるかと思います。館内は撮影禁止だから、幸村の甲冑が見たい人は実際に行ってみてね★

真田氏の屋敷跡にはゴルフ場がある

真田氏館マレットゴルフ看板城跡をブラブラ歩いていると謎の旗が立っています。なんだろうと思っていると、どうやらマレットゴルフ場になっているようで、城跡を撮影すると、もれなくマレットゴルフのコースも撮影できてしまうという全国でも珍しいお城ですw

真田氏館跡厩
真田氏館跡厩
私が行った時は雨だったのでプレーヤーさんはいませんでしたが、来年の大河ドラマ放送後は観光客が押し寄せてゴルフどころじゃなくなっている気がしますね…

中世豪族の館ってこんな凄いの?外堀は2.5メーターは悠にあるかな?

真田氏館跡外堀外堀は現在の川をそのまま利用していたと考えられています。マレットゴルフ場になっている土地も地形を見ていると掘りの底だった場所に土砂が堆積して陸地になったのではないかと思わせるところで、巨大な堀があったようなのです。ここ、ほぼ完全な形で残っている唯一の中世豪族の館跡ということでとても貴重な城跡だそうです。なにやら豪族のイメージが変わりますね。

真田氏館跡看板ここからちょっと行ったところに真田本城という山城があったのでやはり、普段は館で生活、戦時は山城に籠るという感じだったのでしょうか。

皇太神社皇太神社
ここは真田氏が上田城に移る際、館跡が荒廃するのを防ぐために建てたとされています。大きな敷地が突然無人になったら治安悪化の原因になりかねませんから、後に残す領民への配慮だったのでしょうか。だとしたらジェントルマンでシビれますね〜

真田氏館まとめ

真田氏館東門跡
真田氏館東門跡
館と聞けば大きめの邸宅跡を想像しますが、真田氏館は大きな掘りを構えた立派な城跡といった方がイメージが正しく伝わるのではないかと思います。この当時の真田氏は一豪族に過ぎません。真田城館は絵図などが残っていないので建造物は復元されていませんが、大河ドラマでは推定復元されるでしょうね。見たい…映像化された真田氏館が楽しみですね!

オススメの本、雑誌

  • ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

    ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

    真田家ヒストリーを キッカケに 旅にでよう!! 戦国武将の真田昌幸・信繁に関連した城跡と史跡をご紹介。 単なる情報で終わらず、「真田の痕跡を探せ! 」をテーマに現地取材による編集部独自のレポートを掲載。 どこから城跡を見ると、河岸段丘や土地の高低差がわかるグッドビューポイント等、城跡史跡にとどま らず、真田家ヒストリーに関わる川や滝、峠、祭りまでも現地取材をまじえてのご紹介!! 戦国時代の研究第一人者の小和田哲男教授の「小和田教授のココだけの話」も必見。
  • 太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    近藤太一は、真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫することであった。そんな彼は、ある日突然、目の前に現れた怪しげな少女の呪術により、念願の戦国時代へと転生する。しかし、その転生先は…悲劇のラストプリンス、豊臣秀頼であった!時は「関ヶ原の戦い」のわずか一ヵ月前。まだ7歳の秀頼は、没落の運命にある豊臣家を立て直すことができるのか!?
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?

お城データ

 
お城名
真田氏館(さなだしやかた)
お城別名
お屋敷
概要
真田幸隆の長男信綱が築城したとも、幸隆自身がその前から居住していたともいわれる。中世豪族の館を現代に示す重要な遺構。
主な城主
真田幸隆
所在地
長野県小県郡真田町本原
アクセス
上田バス真田・菅平・傍陽線「真田自治センター入口」で乗り換え
赤井線「真田氏歴史館」下車(日曜・祝祭日は運休)
駐車場
あり
オフィシャルサイト