忍城の周りは沼地で足を取られて攻めにくい、攻め手泣かせの守りの城

忍城

忍城(おしじょう)は室町時代に沼田氏によって築城されたと伝わります。利根川と荒川の扇状地にあり、水堀と沼地を駆使した天然の要害に守られた難攻不落のお城です。現在は、本丸跡に御三階櫓が再建され、水堀と沼地の一部が水城公園になっています。

忍城は攻撃されても、なんだかんだで落城していない

扇谷上杉氏に攻められる

文明10年(1478年)頃、成田正等らが土地の支配者であった忍一族を滅ぼし、忍城を築城します。忍一族は扇谷上杉家に従属していたので、忍城に扇谷上杉が攻め込みますが、太田道灌の仲裁で和解します。

上杉謙信に攻められる

永禄2年(1559年)上杉謙信が勢力を関東に伸ばし始めます。成田氏は謙信に従属しますが、後に上杉から離反します。天正2年(1574年)に裏切りに怒った上杉謙信が忍城を攻撃しますが、忍城は持ちこたえます。

史上最大級だった忍城の水攻め?

忍城本丸土塁
忍城本丸土塁

防御の要であった沼地という立地を逆手にとって攻撃するのが水攻めです。天正18年(1590年)豊臣秀吉は北条討伐を決定します。当時北条配下であった成田氏の忍城も攻撃を受けます。総大将は石田三成で、大谷吉継、長束正家、真田昌幸、信繁らが攻撃に加わりました。三成は忍城の周りに大きな堤を建設し、水攻めを行いますがついに落城せず、主家であった北条氏が降伏したことで、忍城も開城します。ということになっていますが、もしかしたら水攻めは行われなかったかもしれないという衝撃の説もあるようです。一次史料(当時の秀吉や三成などが書いた手紙など)には、堤工事が行われた事は書かれていますが、堤の完成に関する記述も、水が流し込まれた記述も確認できないそうです。堤が決壊したというエピソードが残りますが、これは後世の創作である可能性が高いとされています。

三成が築いた堤がちょっと残っているので、見に行ってきたよ。

忍城ものつくり大学入口バス停石田堤史跡公園が忍城から5キロほどの距離にあります。バスを乗り継いで行けなくもないですが、めんどくさいので、ものづくり大学入口でバスを降りて、そこから2キロほど歩いて行ってみました。石田堤史跡公園は小さいながら、よく整備されています。

石田堤史跡公園
石田堤史跡公園


石田堤
石田堤

石田堤
石田堤

石田堤史跡公園のすぐそばに、現存している石田堤が約280メートルあります。周りの土地から少し高い場所に今も道路が走っているんですよ!埼玉古墳群の近辺に行くと、ちょっと周りより高い場所があったりするので、そこも堤の遺跡かもしれません。石田堤史跡公園から埼玉古墳群までは徒歩30分程です。歩きやすい道路なのでおすすめです。大正2年清水雪翁の実地調査による「石田堤現存図」を今の地図に照らし合わせてみますね。堤は総長約14キロ、高さ1.8~3.6メートル、幅は基底が10.9メートルでした。すごい巨大な建造物です。

忍城石田堤地図
忍城石田堤地図

三成が陣を置いた古墳

丸墓山古墳
丸墓山古墳
丸墓山古墳から望む忍城
丸墓山古墳から望む忍城

忍城からほど近い、埼玉古墳群の中でもひときわ高い丸墓山古墳(まるはかやまこふん)に三成は陣を張りました。古墳の上からは忍城が今でもよく見えますが、当時はほとんど平屋で田畑だったでしょうから、お城は今よりもっと丸見え!だったに違いありません。

オススメの本、雑誌

  • 続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    城めぐりファン待望の「続日本100名城」の公式ガイドブックが、 切り離して持ち運べる「スタンプ帳」つきで、遂に登場! 各城のデータ、主な遺構、見どころのほかに、歴史と縄張も詳細解説。 巻頭には、続日本100名城と一緒に日本100名城も掲載した地域別マップほか、要塞や山城、天守、石垣についての特集も充実。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。

お城データ

 
埼玉県行田市本丸17-23
お城名
忍城(おしじょう)
お城別名
浮き城、亀城
概要
忍城(おしじょう)は現在の埼玉県行田市にあったお城です。室町時代に成田氏の築城と伝わります。利根川と荒川に挟まれた扇状地に、自然の沼地と土手を利用して築かれた、天然の要害でした。
所在地
埼玉県行田市本丸17-23
アクセス
秩父鉄道秩父本線行田市駅下車、徒歩15分。
JR東日本高崎線吹上駅下車、朝日バス行田市方面(前谷経由)行きバス、「忍城」バス停下車すぐ。
営業時間
開館時間9時~16時30分(入館16時まで)
定休日
休館日:月曜日(祝日・休日は開館)、祝祭日の翌日(土・日は開館)毎月第4金曜日(テーマ展・企画展開催中は開館)、年末年始
料金
大人200円(団体160円)
高大生100円(団体80円)
小中生50円(団体40円)
(団体は20名以上)
オフィシャルサイト