小田原城ー夜桜ーに行ってみた《日本100名城》

小田原城天守閣と桜

小田原城天守閣と桜

小田原海鮮丼駅ビルでご飯を食べてそのまま帰るはずだったのに、なぜか駅から天守閣みえるんだよーって話になって、なぜか全員小田原城を目指して歩き始めていましたw。
「んで、小田原城に行く事になったんだっけ?」とつぶやいたら
「まぁ、いいんじゃない?」
みたいな感じで小田原城へ!

小田原城は小田原駅からいい感じに見えるんですよね。駅からも歩いて10分くらいかな〜?桜の季節だったので夜もライトアップされている小田原城を見に行ってきました!

小田原城石垣 桜

日暮れがまだなので、まだ満開じゃない桜を見ながら城内を回りました

小田原城石垣

なんで、このガタガタの石垣なんだよって思われるかもしれませんがw
再建されてる石垣は綺麗すぎて、戦国当時の石垣が見たいと思うでしょ?
まぁ、補修につぐ補修でどれがいつの時代から残ってるのか専門家にしかわからないですけど・・・しかも小田原城のパンフレットにそういう情報がないので・・・ブーブー
とりあえず、綺麗に補修されてない古い石垣を裏側で発見できます。
この辺りは大地震が多いので、石垣がなかなか生き残れない土地柄なんでしょうなぁ~

小田原城ライトアップ

天守閣ライトアップ

小田原城天守閣ライトアップされると、また違う表情です〜★

小田原城ライトアップ

桜と天守閣

小田原城の外堀の桜ライトアップ

小田原城の外堀の桜
ライトアップされてむちゃくちゃ綺麗ですー

小田原城外堀ボート

外堀はボートに乗れるようになってます。
ちょっと、絵画的に撮れたので気に入ってる一枚☆

関連リンク

リンク:小田原の桜(小田原桜まつり)

オススメの本、雑誌

  • 静岡県の歩ける城70選 初心者から楽しめる名将ゆかりの城跡めぐり

    静岡県の歩ける城70選 初心者から楽しめる名将ゆかりの城跡めぐり

    名だたる武将が進出や戦いを繰り返し、特徴的な城が数多く築かれた静岡県は、実は国史跡指定城の数が9城と全国2位の多さを誇る。さらに今川・武田・後北条・徳川・豊臣が関わった城を1県ですべて堪能できる唯一の県でもある。 本書では実際に歩ける城を中心に、著者お薦めの70城を厳選。具体的な「鑑賞ポイント」を挙げながら歴史的背景と見所を紹介する。土塁や堀切、馬出など現地の最新画像をふんだんに掲載し、初心者にも分かり易く解説。城めぐりのついでに行ける寄り道スポットも収録している。
  • ブラタモリ 5 札幌・小樽・日光・熱海・小田原

    ブラタモリ 5 札幌・小樽・日光・熱海・小田原

    出版予定日は2016年12月16日 あの人気街歩き番組が、ついに書籍化! これであなたも「ブラタモリ」体験 本編では語り切れなかったエピソードや、ロケの撮影風景の特別写真、街歩きに便利な地図などを多数収録。 散歩に、旅のお供に欠かせない一冊です。
  • 日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊に! 大人気の100名城スタンプ・ラリー。 その公式スタンプ帳がついた、オールカラー・ガイド。 持ち運びにも便利な、140ページのハンディ・サイズ。 100名城すべてのスタンプがそろい、登録を希望される方が本書を日本城郭協会に送ると、「登城完了印」と「登城順位」が記入されて返送されるとともに、『城郭ニュース』および日本城郭協会ホームページでお名前が紹介されます。

お城データ

 
神奈川県小田原市城内 小田原城
お城名
小田原城(おだわらじょう)
概要
相模湾に隣接した平山城。秀吉に制圧されるまでは北条氏の本城であった。
主な城主
築城主:大森頼春
所在地
神奈川県小田原市城内 小田原城
アクセス
電車:小田原駅から徒歩10分
営業時間
午前9時00分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
※6~8月の土日・祝日は午後6時00分まで(入館は午後5時30分まで)
定休日
12月第2水曜日、12月31日~1月1日
料金
天守閣単独券:(個人)一般 410円、小中学生 150円
歴史見聞館単独券:(個人)一般 300円、小中学生 100円
天守閣と歴史見聞館との共通券:(個人)一般 600円、小中学生 200円
駐車場
無し
電話
小田原市役所:0465-33-1300
オフィシャルサイト