名古屋城は庭がおもしろい!《日本100名城》

名古屋城へ行ってみたよ

市役所駅市役所駅の7番出口から5分ということです~この時15:30です
天守の閉館まで1時間、庭の閉園時間まで2時間あります。

名古屋城東門から入っていくと、まず目に飛び込んでくるのが西北隅櫓です。他の城からの建材を再利用されて清洲城の建材も使用されているといわれている事から清洲櫓とも言われています。

名古屋城さてー石垣チェック!!名古屋城の石垣ですね!

名古屋城さて、天守からの眺めです。

名古屋城 ジオラマさてぇ、名古屋城内部は資料館みたいになっていて、名古屋城の復元ジオラマがあります。立派なお城だねー!!

名古屋城4:30に天守閣を追い出されて、庭を散策します。
私以外庭を散策してるひとはいませんでした| ω・`)プッ♪なんでー???結構名古屋城の遺構とか残ってて面白いよ??土台とかも残ってるよw??礎石とか興味ないw??写真は、名古屋城で発見された暗渠の側溝跡。江戸は上下水道が進んでますよね~ここ名古屋も城下町の下水道が発達してたんでしょうかねぇ~~??

名古屋城結構広い庭園を寂しく独りで散策してたら、蛍の光りが流れてきました。
ちょうど、出口に向かってたので良かった~!東口を出てここの警備員の人が「さー帰るぞー!!」ってでっかい声で独り言いってましたブ━━━(;.;:´;:.゚;;.3;.;゚;.;)━━━ッ!!

ひつまぶしでしょ!

とりあえず、駅の券売機の横でiPhoneでひつまぶし食べられるレストランを検索してました。レストラン決まらないと、下車駅が分からないのでwかなり集中してiPhone見てたんだと思うんですが(もちろん壁際ですよw?)おじさんに絡まれてました。だが気がつかず(すごい集中力)おじさんは絡んでる私にガン無視されてあきらめてどっか行ったんですが・・・ものすごい時差があって、(あれ?私絡まれてたのかな??)おじさんを探してみたけど見つけられなかったw相手してあげられなくてごめんね| ω・`)プッ♪

t02200463_0600126211606166242あつた蓬莱軒に行く事にして、矢場町で下車もうすでに20人くらい外に座って並んでました。普通待ち時間にメニュー見せてくれるでしょ?見せてくれないのw「ひつまぶしだろ?」ってことかなw

o0600045611606154446

しばらく待ったら、ひつまぶし登場!食べログだと2800円くらいってかいてたのに、行って見たら
値上がりしてたよ!!
3100円!
安くはないねぇ~

全部のメニューがこういう感じです。3回に分けて、まずうな丼→薬味をかけてうな丼→薬味と出し汁をかけてうな丼だし漬けみたいなプロセスで食べるらしいです。

うな丼まず、うな丼。

o0600045011606154448うな丼に、ノリ、ワサビ、ネギをかけて混ぜて食べる。

o0600045011606154449うな丼に、ノリ、ワサビ、ネギをかけて出し汁をかけてお茶漬け風

結論

普通のうな丼が一番美味しい| ω・`)プッ♪

オススメの本、雑誌

  • 日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊に! 大人気の100名城スタンプ・ラリー。 その公式スタンプ帳がついた、オールカラー・ガイド。 持ち運びにも便利な、140ページのハンディ・サイズ。 100名城すべてのスタンプがそろい、登録を希望される方が本書を日本城郭協会に送ると、「登城完了印」と「登城順位」が記入されて返送されるとともに、『城郭ニュース』および日本城郭協会ホームページでお名前が紹介されます。
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?
  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立

お城データ

 
愛知県名古屋市中区本丸1−1 名古屋城
お城名
名古屋城(なごやじょう)
お城別名
金鯱城、金城、柳城、亀屋城、蓬左城
概要
家康が天下普請のために築城された城。徳川御三家の尾張徳川家の居城。
主な城主
築城主:徳川家康
所在地
愛知県名古屋市中区本丸1−1 名古屋城
アクセス
地下鉄
名城線 「市役所」 下車 7番出口より徒歩 5分
鶴舞線 「浅間町」 下車 1番出口より徒歩12分

市バス
栄13号系統(栄~安井町西) 「名古屋城正門前」
なごや観光ルートバス「メーグル」
基幹2号系統 「市役所」 下車 徒歩5分 名鉄
瀬戸線 「東大手」 下車 徒歩15分
営業時間
9:00〜16:30
定休日
12/29〜1/1
料金
大人 500円
中学生以下 無料
駐車場
普通車319台 大型車28台
オフィシャルサイト