「尾張名古屋は城でもつ」っていうけどどのくらいすごいの?名古屋城

名古屋市街 「尾張名古屋は城でもつ」と歌われ、名古屋の繁栄を支えていると言われる名古屋城は、ほとんどの建造物を失った現在も見事な石垣や遺跡が現存する国の重要な史跡であり、名古屋の観光名所です。

名古屋城 大天守

なぜ、名古屋城ができたのか

名古屋城の起源は16世紀の前半、今川義元の父、今川氏親が尾張制圧の足がかりとするため築いた「柳ノ丸」という城です。この「柳ノ丸」の城主は今川氏豊(今川氏親の子か?)で、織田信長の父、織田信秀は氏豊と懇意になり、信頼させたところで、今川氏豊をだまし討ちにして城を奪います(1532年)。信秀はこの城を「那古野城」と改名し、しばらくの間居城としました。嫡男織田信長はこの那古野城で生まれたという説もあります。(勝幡城という説もあり)

那古野城は、現在の名古屋城の二ノ丸から三ノ丸あたりにあり、三ノ丸(現在は市役所・県庁がある県庁街)の発掘調査によって、清洲城と同じように、堀や溝で四角く区切られた区画に武家屋敷が立ち並んでいたことがわかっています。

信秀が1555年に清洲城に本拠を移したため、那古野城は一時廃城となります。

近代城郭名古屋城はいつ建てられたのか

名古屋城大天守

戦国時代、尾張の中心は清洲に置かれていましたが、関ヶ原の合戦以後、全国の勢力図が劇的に変更され、江戸に徳川、大阪に豊臣秀頼という二つの大きな勢力が相互に睨み合うという形に変わっていました。1610年徳川家康は、清洲から名古屋に拠点を移すべく築城を決め、現在、我々が見ている近代城郭名古屋城が造られました。

名古屋城 大天守の礎石
大天守の礎石

当初の設計図では、天守の西側にもう一つ小天守が連結される予定でしたが、西小天守の建設が取り止められ、天守台石垣に作られていた出入り口跡も塞がれています。

名古屋城大天守 天守台石垣
天守台石垣

明治の廃城危機を切り抜けた名古屋城

Kikkamon-nagoya明治維新後、全国のお城は廃城令により破却されていったのですが、在日ドイツ公使の進言を受けて、名古屋城は、姫路城とともに保存されることとなります。そして、1893年に宮内省に管轄が移り、「名古屋離宮」と称されていました。西南隅櫓の鬼瓦に、菊の御紋があるのはその頃の名残です。

第二次世界大戦で消失

消失前の名古屋城
消失前の名古屋城
名古屋城は大規模に城郭が保存されていたのですが、第二次世界大戦時の1945年5月14日の空襲で本丸御殿、大天守、小天守、東北隅櫓、正門、金鯱が消失してしまいます。あぁ、本当に悲しいことです、、、、

往時の名古屋城の豪華さを垣間見ることができる復元本丸御殿

名古屋城 本丸御殿 車寄

本丸御殿はそもそも、城主が生活をするための御殿ですが、名古屋城では将軍が上洛(京都へ行くこと)するときに滞在する御成専用とし、城主はニノ丸御殿に居住していました。名古屋城の本丸御殿は、京都にある二条城本丸御殿に匹敵する豪華さで、車寄(玄関)の屋根は、将軍家とそれに準ずる身分の高い大名にのみ許された唐破風(からはふ)で、屋根の金具は、黒漆と金で装飾されていました。本丸御殿を使った将軍は秀忠、家光、家茂の三人だけです。たった3回の使用のために、こんなすごいもの維持管理していたんですね〜。将軍の権威半端ないっす!

本丸御殿の中は金ピカだ〜

名古屋城 本丸御殿
表書院・上段之間

名古屋城 本丸御殿
表書院・上段之間

名古屋城 本丸御殿
玄関・一之間

名古屋城 本丸御殿 対面所・上段之間
対面所・上段之間

名古屋城 本丸御殿 下御膳所
下御膳所

やっぱ、いいよね名古屋城

名古屋城 ニノ丸の石垣(たぶん)名古屋城は何度訪れても、見ごたえのあるお城です。現存する石垣も立派ですし、徳川家康が大阪の豊臣に抱いていた警戒心などに思いを巡らせるのも楽しいですね。近年本丸御殿が復元されたことで、往時の名古屋城がどれだけ豪華だったのかを実際に見ることができて、また新たな楽しみ方が追加された気がします。そして、復元された金ピカ本丸御殿も、名古屋城全体の規模からするとごく一部に過ぎません。それを考えると、敷地いっぱいに建てられた建造物とか、庭園とか、本当に荘厳なお城だったんだなと思いを巡らせることができます。たまに、「名古屋城あんまり面白くなかった」という感想を聞くことがあるのですが、それは見所がわからず、単に天守閣に登っただけだからではないでしょうか。そんな人は「名古屋城観光ガイドボランティア」さんのガイドをお願いしてみましょー!きっと何倍も楽しいはずです〜。

名古屋城 加藤清正像

清正さんも待ってるよ〜

出典

オススメの本、雑誌

  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。

お城データ

 
愛知県名古屋市中区本丸1−1 名古屋城
お城名
名古屋城(なごやじょう)
お城別名
金鯱城、金城、柳城、亀屋城、蓬左城
概要
家康が天下普請のために築城された城。徳川御三家の尾張徳川家の居城。
主な城主
築城主:徳川家康
所在地
愛知県名古屋市中区本丸1−1 名古屋城
アクセス
地下鉄
名城線 「市役所」 下車 7番出口より徒歩 5分
鶴舞線 「浅間町」 下車 1番出口より徒歩12分

市バス
栄13号系統(栄~安井町西) 「名古屋城正門前」
なごや観光ルートバス「メーグル」
基幹2号系統 「市役所」 下車 徒歩5分 名鉄
瀬戸線 「東大手」 下車 徒歩15分
営業時間
9:00〜16:30
定休日
12/29〜1/1
料金
大人 500円
中学生以下 無料
駐車場
普通車319台 大型車28台
オフィシャルサイト

コメントを残す