名君長野業正の居城であった箕輪城。堀と曲輪をめぐり高台から眺める景色は絶景!《日本100名城》

箕輪城からの眺め

箕輪城といえば、武田信玄の攻撃をたびたび跳ね返した名君長野業正(ながのなりまさ)の城として有名です。業正の死後、長野氏は武田氏に敗北し、箕輪城は、武田氏の支配下となります。武田氏時代、真田信繁の祖父真田幸隆が城代に任じられた期間もあります。武田氏滅亡後は、織田家家臣の滝川一益の支配下になりますが、本能寺の変で信長が横死すると、今度は、北条氏の支配下になります。小田原討伐で北条氏が滅びると、徳川家臣の井伊直政の城となります。現在の箕輪城の遺構は、ほぼ、直政の時代のものと考えられています。

箕輪城歴代城主

  • 1500頃-1566年:長野氏時代(業尚、憲業、業正、業盛)
  • 1566-1582年:武田氏時代(真田幸隆など)
  • 1582年:織田氏時代(滝川一益)
  • 1582-1590年:北条氏時代(北条氏邦など)
  • 1590-1598年:徳川氏時代(井伊直政)

箕輪城マップ
箕輪城マップPDF A4←箕輪城散策にどうぞ。

1.椿山の砦

椿山の砦城の南東部にあった箕輪城の出城です。物見の櫓がここにあったのでしょうね。そして、箕輪城は、武田勝頼の初陣の場所であり(永禄6年上野箕輪城攻め)、長野氏の家臣藤井豊後を椿山にて打ち取った戦功を挙げたと甲陽軍鑑に記されています。

椿山の砦
椿山の砦からの眺め
椿山の砦からの眺め
椿山の砦からの眺め

2.城東側の川

城東側の川この川が、椿山の砦の東側に流れていて、天然の要害になっている模様。昔はもっと水量あったのかな?じゃないと、守りにならないよね。

3.諏訪神社

諏訪神社
諏訪神社

4.箕輪城側面

箕輪城側面箕輪城東側の道路を歩いていると、箕輪城の側面の段々がよく見えました。この感じ、いいですね〜!

5.箕輪城跡駐車場

箕輪城跡駐車場箕輪城の駐車場、すっごい広いのが整備されていました。この日、日曜日だったんですけど、ガラガラですやん!

6.新曲輪

丸馬出丸いですよね〜!(いや、違う違うw)今は丸馬出はわかりにくいですが、丸馬出の外側に三日月堀的なお堀があったみたいなので、武田氏時代のものかな?

稲荷山曲輪と新曲輪の間の水堀跡
稲荷山曲輪と新曲輪の間の水堀跡

7.稲荷山曲輪南堀

稲荷山曲輪南堀
稲荷山曲輪南堀

8.御前曲輪西堀の石垣

御前曲輪西堀の石垣
御前曲輪西堀の石垣

9.御前曲輪から見た堀

御前曲輪から見た堀
御前曲輪から見た堀

本丸周りの堀は幅30〜40メートル、深さ約10メートルの大規模なものです。写真だと深さがわかりにくいですけどね。かなりの部分が埋まっているようで、今見ることができる堀のだいたい2倍の深さだったようです。すごいですね。

10.本丸

本丸跡
本丸跡

ここは、御殿とか建ってたのでしょうかね。結構広いです。

11.箕輪城の石碑

箕輪城石碑

数年前はもうちょっと打ち捨てられた感じで、一升瓶とか捨てられてた記憶があるんですが、今は綺麗に整備されていい感じのお城になっていました。

12.三の丸門の石垣

三の丸門の石垣

箕輪城各所に、現存の石垣が残っています。ほとんどすべてが直政の時代のものとみられています。

14.埋門(うずみもん)

埋門入り口非常時、城西側を流れる榛名白川へ避難・逃亡するための隠し通路です。上州で唯一残る埋門の跡だそうですよ!

埋門から川までの通路
埋門から川までの通路
白川
緊急時はここから脱出〜

15.大手門跡の石碑

大手門直政時代の大手門の跡地です。箕輪城は全体的によく残っているお城ですが、残念ながら、この大手門のある南西方面は市街地に取り込まれて遺構が残っていません。

16.西側の大堀切

大堀切 西側

17.郭馬出の櫓(普請中)

郭馬出の櫓(普請中)

18.椿名沼跡方面を見下ろす

椿名沼跡方面を見下ろす

沼の跡地方面です。沼の規模はどの程度だったのでしょうかねぇ。もし、城の南側の要害だったのなら、相当大きかったんでしょうね。

箕輪城の復元CG(「歴史人」公式アカウント)

高崎市のオフィシャルパンフレット

箕輪城の見どころがよく分かるパンフレットです。攻城前に入手をおすすめします。
箕輪城のパンフレット

オススメの本、雑誌

  • 長野業政と箕輪城 (シリーズ・実像に迫る3)

    長野業政と箕輪城 (シリーズ・実像に迫る3)

    主家の再興に賭けた人生! 戦国乱世の中で、武田信玄・北条氏康を翻弄した「上州の大鷹」。 業政の没後、迫り来る武田軍の前に居城箕輪城の運命は! ?
  • 業政駈ける(小説)

    業政駈ける(小説)

    西上野の地侍たちから盟主と仰がれ、信義あふれる心で上杉謙信をも動かした知将、箕輪城主・長野業政。一切の利欲を捨て、国を豊かにし、民の暮らしを守る―。滅亡の危機に瀕しながらも、その鬼謀と胆力をもって武田軍の侵攻を退け続けた男は、関東をただす義の戦におのれの最後を賭す。河越夜戦で逝った息子への誓いと上州侍の誇りを胸に、戦国乱世を疾駆し、強大な者の理不尽に敢然と立ち向かった気骨の生涯を描く!
  • 日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊に! 大人気の100名城スタンプ・ラリー。 その公式スタンプ帳がついた、オールカラー・ガイド。 持ち運びにも便利な、140ページのハンディ・サイズ。 100名城すべてのスタンプがそろい、登録を希望される方が本書を日本城郭協会に送ると、「登城完了印」と「登城順位」が記入されて返送されるとともに、『城郭ニュース』および日本城郭協会ホームページでお名前が紹介されます。

お城データ

 
群馬県高崎市箕郷町東明屋 箕輪城跡
お城名
箕輪城(みのわじょう)
概要
武田信玄に繰り返し攻められるも、退け守りきった長野業正の城として有名。
主な城主
築城主:長野業尚
所在地
群馬県高崎市箕郷町東明屋 箕輪城跡
アクセス
高崎駅から群馬バス「箕郷行き」で約30分「箕郷本町」下車、徒歩約20分
高崎駅から群馬バス「伊香保温泉行き」で約30分「城山入口」下車、徒歩約5分
駐車場
あり
オフィシャルサイト