なんでそんなに低いのか?武田の縄張りに聳える五層の天守がアンバランスで美しい松本城《日本100名城》

松本城 天守閣

松本城は、連日観光客でにぎわう人気の観光地ですが、その要因としては、その写真映りの良さと、駅から坂道を登らずフラットに行けるアクセスの良さではないでしょうか。普通、お城というのは、防御の観点からアクセスが悪くて見て回るには「しんどい」わけですが、どういうわけか、松本城はとっても「楽」なんです。これは他のお城には無い特徴だと感じます。

楽な理由は武田の城だから?

松本城鳥瞰図松本平の中心部にある松本城は元は深志城と呼ばれ、古くから信濃の有力者であった小笠原氏の一族が支城として1504年頃に築城したのが始まりとされています。ところが、武田と上杉の前線であった松本平に武田軍が侵攻し、1550年武田信玄によって攻め落とされます。以来32年間、武田の城となりました。武田の戦法として敵地に赴いて野戦、城攻めを行う事を得意としていて、それは築城の特徴としても現れています。武田の城は堅牢な守りの城ではなく、防御力はそれほど高くない平城(海津城や、躑躅ヶ崎城など)が複数存在します。戦国時代が終わると利便性の高い平城が増えて行きますが、戦国時代のまっただ中で、(城の用途によるのでしょうが)平城作るとかやっぱり、武田信玄は強者ですね〜!


松本城 天守閣からの眺め
松本城 天守閣からの眺め

中世の城から近代の城へ

松本城本丸御殿跡

松本城内堀武田信玄の死後、織田信長により武田家が滅ぼされ、松本城(深志城)は信長の支配下となります。信長の死後、徳川の支配下に入った小笠原氏が松本城(深志城)を回復します。しかし、天下は豊臣秀吉のものとなり、小笠原氏は下総へ移封となります。元徳川家臣でしたが、豊臣秀吉に懐柔されて寝返った、石川数正が新しい城主となります。普通、新たな権力が城を作り直す時は、元の縄張りを大きく改変しますが、この松本城は武田時代の縄張りを大部分温存した形で、石垣と5層の天守閣を備えた近代城郭が作られています。元は土塁だったところを、順次石垣に変えて行ったようで、今でも土塁や、武田時代の馬出しがそのまま残っているのも特徴的です。もう一つの特徴としては、高石垣ではなく比較的低い石垣で(湿地帯であるためとも)、他の近代城郭とは見た目が違うユニークなものになっています。


松本城 太鼓門
松本城 太鼓門

松本城まとめ

松本城天守閣と乾小天守

平らな土地に低い石垣。そこに聳える高層の天守閣がなんともアンバランスで儚げな印象を与える松本城。そして、なにより平山城と違って、城見学がめちゃくちゃ楽ちんなのも、観光地として成功している要因でしょうね。中世城郭時代の土塁を近代城郭の石垣に改修しているお城はほかには、海津城小諸城などがありますが、天守閣が現存しているのは松本城のみです。

オススメの本、雑誌

  • 日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊に! 大人気の100名城スタンプ・ラリー。 その公式スタンプ帳がついた、オールカラー・ガイド。 持ち運びにも便利な、140ページのハンディ・サイズ。 100名城すべてのスタンプがそろい、登録を希望される方が本書を日本城郭協会に送ると、「登城完了印」と「登城順位」が記入されて返送されるとともに、『城郭ニュース』および日本城郭協会ホームページでお名前が紹介されます。
  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立
  • 太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    近藤太一は、真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫することであった。そんな彼は、ある日突然、目の前に現れた怪しげな少女の呪術により、念願の戦国時代へと転生する。しかし、その転生先は…悲劇のラストプリンス、豊臣秀頼であった!時は「関ヶ原の戦い」のわずか一ヵ月前。まだ7歳の秀頼は、没落の運命にある豊臣家を立て直すことができるのか!?

お城データ

 
長野県松本市丸の内4番1号
お城名
松本城(まつもとじょう)
お城別名
烏城、深志城
概要
安土桃山時代に築城された
主な城主
小笠原貞朝、石川数正・康長父子
所在地
長野県松本市丸の内4番1号
アクセス
JR篠ノ井線「松本駅」下車 徒歩約15分
営業時間
平常時:8:30~17:00(最終入城は16:30まで)
ゴールデンウィーク、夏:8:00~18:00(最終入城は17:30まで)
定休日
12月29日〜1月3日
料金
国宝松本城天守(本丸庭園内)610円
ガイド施設・ガイド
松本城案内グループ(雨天中止)
松本まちなか観光ボランティアガイド
http://www.matsumoto-castle.jp/info/guide
オフィシャルサイト