香取の海最西端の城 河津桜満開の松ヶ崎城へ

松ヶ崎城 河津桜

松ヶ崎城は、千葉県の北柏駅の近くにある舌状台地の先端部に築かれた平山城です。このお城についての文献的資料は乏しく築城年は定かではありませんが、15世紀後半から16世紀前半の造営で、築城主は不明ですが 匝瑳氏(そうさうじ)が有力と考えられています。城跡には小さな古墳が数基あり、城の物見台として転用されています。松ヶ崎城のあったこの地域は水上交通と陸上交通の要衝で、周辺に中馬場遺跡(中世の館跡や町場跡)、法華坊遺跡、根戸城などの遺跡があります。

松ヶ崎城 堀
松ヶ崎城 主曲輪の堀

香取の海最西端の城

松ヶ崎城の近くにある手賀沼は、江戸時代初期まで牛久沼、印旛沼、霞ケ浦と一体となった香取の海と呼ばれた大きな内海の一部で、松ヶ崎城の際まで水が迫っていたと考えられています。調査により曲輪、土塁・空堀、虎口、土橋、もの見台、台地全体に地下遺構として門跡、柵跡、溝が発見されていますが、船着き場は未発見です。もし松ヶ崎城が津のある中世城郭だったとしたら非常に珍しい遺跡となります。

松ヶ崎城 手賀沼位置
江戸初期の手賀沼の位置は「手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会ホームページ」を参考に作成

松ヶ崎城 虎口
松ヶ崎城 虎口

松ヶ崎城 主郭
松ヶ崎城 主郭 真ん中奥は古墳を転用した物見台

松ヶ崎城 腰曲輪
松ヶ崎城 沼側の腰曲輪

松ヶ崎城 お不動さん

松ヶ崎城の東側にはお不動さんが祀られていました。

沼のほうへの出入り口はここだったんでしょうか、かなり急な斜面に古い石畳の階段がありました。(写真撮り忘れ、、、)

現在の手賀沼

手賀沼

現在の手賀沼は松ヶ崎城から大堀川沿いを歩いて約20分ほどの距離にあります。

市民憩いの城

松ヶ崎城

現在の松ヶ崎城は整備の行き届いた公園です。3月初旬の訪問時は河津桜が満開で、家族連れでにぎわっていました。子どもたちにとって、中世のお城跡はとても楽しい遊び場ですよね。史跡が身近にあるというのはとても良いなと感じました。

出展

オススメの本、雑誌

  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

お城データ

 
お城名
松ヶ崎城(まつがさきじょう)
所在地
千葉県柏市松ケ崎491−7
アクセス
JR北柏駅から徒歩約15分
駐車場
あり

コメントを残す