武田信玄に会いに行ったら、秀吉に会ってしまった気分になる甲府城《日本100名城》

秀吉系のお城だった!と驚愕してみる

武田信玄像武田信玄のお膝元である甲府のお城なので、武田のお城なのかと思って行ってみたら(予習してなかったw)お城に着いてみると秀吉っぽい石垣が連なっています、、、「???」と思って調べてみると、築城主は秀吉らしく武田の面影はかけらもありません。甲府駅で武田信玄の像を見ていたこともあり「武田信玄に会いに行って、秀吉に会ってしまった(いや、べつにがっかりしてないよw?)」という気分になりました。

舞鶴公演の入り口
秀吉っぽい石垣ってどんなんですか?と思われたかと思いますが、ざっくりいうと豊臣政権下の石垣は、自由闊達でダイナミックなのが特徴だと勝手に思っていますw。じゃぁ、武田の石垣は?と聞かれても私の中にデータが蓄積されていないのでよくわかりませんw

徳川と豊臣を行ったり来たりと、めまぐるしく変わる城主

甲府城 天守台横から

まぁ、戦国時代のお城なんぞ城主がめまぐるしく変わるのは珍しくありませんが、甲府城は築城主が徳川なの?豊臣なの?という論争もあるようで、ちょっとここで簡単に説明します。この甲府城、徳川が築城主という説もありますが、1582年に徳川家康が入国するも、作業者の動員の様子も無かった事から築城は構想だおれで、実際に城を建築したのは豊臣氏の天下統一後、秀吉の甥っ子羽柴秀勝であったというのが有力な説です。個人的にも石垣を見る限り豊臣政権の築城とみて間違いないと思います。歴代城主は秀勝から加藤氏、浅野氏と移り変わり関ヶ原の合戦後は徳川家康の城となります。

江戸時代の大事件、1400両が盗まれた甲府城御金蔵事件の舞台

甲府城石垣
1734年に甲府追手御門に忍び込み、1400両(だいたい1億?)が盗み出されます。当日の見張り当番が追放されるなど処罰を受けます。事件から9年後に次郎兵衛が捕まり市中引き回しの上磷付になってしまいます。

時代の違う石垣のレイヤーが見られる、二重の石垣

甲府城 二重の石垣
犬走りの幅を拡張する際に昔の石垣を埋めて広げた模様。

天守台からの眺めは絶景

甲府城 天守台
天守台の石垣は相当に立派なものです。

甲府城 天守台からのパノラマ
天守台からは甲府の町並みを見渡せます。天守閣があったら、もっと眺めが良いでしょうね!

鉄門(くろがねもん)

甲府城 鉄門
本丸南側に位置する門。

石切り場

甲府城 石切り場
甲府城で使われた石材の切り出しが行われていた石切り場。

稲荷曲輪門

甲府城 稲荷曲輪門
稲荷曲輪と鍛冶曲輪の間にある門。

関連リンク

オススメの本、雑誌

  • 日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊に! 大人気の100名城スタンプ・ラリー。 その公式スタンプ帳がついた、オールカラー・ガイド。 持ち運びにも便利な、140ページのハンディ・サイズ。 100名城すべてのスタンプがそろい、登録を希望される方が本書を日本城郭協会に送ると、「登城完了印」と「登城順位」が記入されて返送されるとともに、『城郭ニュース』および日本城郭協会ホームページでお名前が紹介されます。
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?
  • 図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    戦国時代100年を地図を使って時系列で図解。年代順による全国の戦国・守護大名の勢力範囲を中心に国人衆を地図で網羅!より詳細に解説しています。 家系図・人物相関図に大小30以上に及ぶ合戦も図解しています。

お城データ

 
山梨県甲府市丸の内1丁目 舞鶴城公園
お城名
甲府城(こうふじょう)
概要
山梨県史跡に指定されている、中世から近世にかけての平山城。
主な城主
羽柴秀勝
所在地
山梨県甲府市丸の内1丁目 舞鶴城公園
アクセス
鉄 道: JR中央本線甲府駅~徒歩10分
 車 : 中央道甲府昭和IC~県道5号線~国道52号線
駐車場: 山梨県庁周辺の有料駐車場を利用。
営業時間
山手御門:午前9時~午後5時
稲荷櫓:午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
料金
無料
駐車場
有り
ガイド施設・ガイド
ボランティアガイド「甲府城御案内仕隊(こうふじょうごあんないつかまつりたい)」
定時案内は、午前は10時00分、午後は13時30分に稲荷櫓前集合。
月曜日は休み(月曜日が祝日の場合は実施)
なお、1、2月は土日のみ。
団体の場合は事前申込(10日前まで必着)。
お問い合わせ (公社)やまなし観光推進機構 TEL055-231-2722
URL:http://www.yamanashi-kankou.jp/history/koufujo/
電話
甲府市観光課:055-237-5702