南北朝時代に井伊氏の南を守った鴨江城

鴨江城 山門

浜松駅から西へ徒歩約20分ほどのところに、鴨江寺があります。鴨江寺の創建は奈良時代までさかのぼります。それが平安時代に城郭寺院化していきました。この頃の日本では律令制が崩壊しつつあり、国の保護をあてにできなくなったため、大きな寺院は財源であった荘園を自ら守っていく必要性が生じて武装化していきました。平安時代中期に無許可で戒壇(かいだん)を設置した鴨江時と、比叡山延暦寺が一戦交えているので、その頃にはすでに城郭寺院化し僧兵により武装していたと考えられています。

鴨江寺 仁王門
仁王門

利権がからむ戒壇(かいだん)の設置

奈良時代から平安時代は、正式に(国家資格を持つ)僧となるには戒壇で授戒する必要がありました。東大寺や国分寺などの官立寺院が僧を管理していましたが、822年以降官立寺院でない延暦寺にも戒壇が設置されます。鴨江寺は戒壇の設置を朝廷に願い出ましたが、延暦寺の僧に妨害されて許可がおりなかったそうで、そのまま強行して無許可のまま戒壇を設置しました。そのため、遠路はるばる京から延暦寺の僧兵が攻めて来て、「鎧橋」(浜松市南区東若林町)を中心に激戦が行われます。鴨江寺の僧兵は敗戦し、延暦寺の僧兵により戒壇は破壊されました。このエピソードを見ても、寺が戒壇から受ける恩恵は相当なものだったと想像できますね。

鴨江寺 弁天堂の池
弁天堂の池

南北朝時代には井伊氏の支城に

南北朝時代12代目井伊道政の時代に、後醍醐天皇の皇子宗良親王を奉じて北朝軍と戦っていた時、鴨江城は井伊氏の本城を守る南の支城でした。1339年に鴨江城は北朝軍の高師泰、師冬の攻撃を受け落城します。

西小学校
西小学校

鴨江城は現在の鴨江幼稚園から西小学校東の高台にありました。明治の初年頃までは土塁が残っていましたが、残念ながら現在ではお城の痕跡は残っていません。現在の鴨江寺には、仁王門、成田山不動堂、観音堂、弁天堂など朱塗りの大きな門やお堂があり、きれいに整備されています。現地を歩くと、傾斜地に西小学校や住宅地が広がっています。やはり山城ほどの防御力は見込めなかったため、北朝軍の攻撃にさほど抵抗できなかったのではないかと思われます。

鴨江城 庭

出典

オススメの本、雑誌

  • 歴史REAL おんな城主 井伊直虎の生涯(洋泉社MOOK 歴史REAL)

    歴史REAL おんな城主 井伊直虎の生涯(洋泉社MOOK 歴史REAL)

    2017年大河ドラマ主人公・井伊直虎の生涯を徹底特集!
    直虎の生きざまと井伊家の歴史、それをとりまく今川・武田・徳川の大名たちのすべてがわかる!
    付録の「直虎をとりまく人物事典」で、登場人物もよくわかる!
    どこよりも早い大河ドラマ『おんな城主 直虎』の見どころ紹介、人物相関図も掲載!
  • 図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    戦国時代100年を地図を使って時系列で図解。年代順による全国の戦国・守護大名の勢力範囲を中心に国人衆を地図で網羅!より詳細に解説しています。 家系図・人物相関図に大小30以上に及ぶ合戦も図解しています。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?

お城データ

 
静岡県浜松市中区鴨江4丁目17−1
お城名
鴨江城(かもえじょう)
お城別名
鴨江寺
概要
鴨江城の築城年代は定かではないが、平安時代からある鴨江寺が城郭寺院化した城と考えられています。
所在地
静岡県浜松市中区鴨江4丁目17−1
アクセス
JR浜松駅から徒歩20分
オフィシャルサイト

コメントを残す