犬山城最後の城主は裕次郎?!天守閣に飾られてる城主写真が見所!《日本100名城》

犬山城下町マップ

このマップを見て、犬山駅で降りて、城下町を通って、犬山城へ行き、帰りは犬山遊園から乗車することにしました。

犬山駅

神宮前から犬山までは、だいたい45分です。犬山駅に到着!!

犬山城の城下町

犬山城の城下町・・・
土曜日なのに活気がない上、車両がガンガン通ります。観光の雰囲気作りからすると、だめだろ?
ここをまっすぐ歩いていくと山があります。

犬山城へ向かう坂道

犬山城へ向かう坂道~

犬山城の石垣

犬山城の石垣です~いや、看板で~す☆

犬山城の入り口の門

犬山城の入り口の門です!!ここをくぐると天守閣が見えますよ!

犬山城現存天守

じゃーん!!

日本に数少ない現存天守のお城ですよ

きゃー!!

犬山城天守閣

紅葉の時期までもうちょい!!という感じですね~

犬山城天守閣の内部へ

さてさて、犬山城天守閣の内部へ入ってみましょうかぁ~~

いきなり急傾斜

中に入ると、いきなり急傾斜の階段があります。1階部分は石垣の中なんですね~~

階段が怖い

私は、高所恐怖症ではないのですが、階段が怖いんです・・・(落ちた事があるから?って聞かれますが無いです| ω・`)プッ♪)

見張り窓

2階と3階には見張り窓っていうのかな~~~
窓が四方にあります~

天守閣のてっぺんの展望台あるじゃないですか??「高欄つき廻縁」コウランツキマワリエンというらしいですね~

「欄干にもたれないでください危険です」

って書いてあって、しかも、欄干が腰の位置より低いんですよ!!

ほんで廊下が外側に傾斜してるんですよ!!

落ちたら死にますから、めっちゃ怖いです!!

一周目はカメラを構える余裕がなくて

ギャー!!って天守の中に戻りました。

で、もっかいカメラを右手にスタンバイして

GO!!

犬山城天守閣からの眺め

頑張って撮影しました

この高欄つき廻縁付きの天守デザイン安土城以前の時代を舞台にしたドラマとかで、このスタイルの城が描かれているとイラッとしますよね・・・この天守閣内に歴代城主の絵とか写真が飾ってあります。

石原裕次郎みたいだー!!!

犬山城にやっと行けた喜びと、階段と展望台の恐怖と興奮で非常に面白かったお城を後にして、隣接している神社に寄ってきました。

針網神社

この日は、七五三のお参りに沢山の家族連れが来ていて、御朱印くださいつって最初に並んだんですが、3家族のお参りの申し込み客に順番抜かしされました| ω・`)プッ♪

祈祷時間せまってたのかしら??相手方支払い金額3万円。私支払い金額300円 ブ━━━(;.;:´;:.゚;;.3;.;゚;.;)━━━ッ!!そら負けるわよね!

抜かされ倒して、頂いた御朱印

針網神社御朱印

犬山城を出発して、木曽川沿いを目指す途中、国宝の庭園・有楽苑があります。寄っていこうかなと思ったのですが、入館料1000円だったので、パース

国宝の庭園・有楽苑

木曽川と犬山城

そのまま土手で木曽川と犬山城を眺めながら、お弁当を食べています。

瑞泉寺山門

瑞泉寺山門ー犬山城旧内田御門(搦手門)を移築されたと言われる。

木曽川と犬山橋

木曽川と犬山橋
ちょうど、電車が走っているんですが車両2両、3両くらい??短くてかわいすぎる!

犬山遊園駅

犬山遊園駅の表側はもうちょっと見栄えするんですが、裏から回っちゃったのでこんな写真になっちゃってます| ω・`)プッ♪

電車

電車がすぐに来ました~~

オススメの本、雑誌

  • 日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊に! 大人気の100名城スタンプ・ラリー。 その公式スタンプ帳がついた、オールカラー・ガイド。 持ち運びにも便利な、140ページのハンディ・サイズ。 100名城すべてのスタンプがそろい、登録を希望される方が本書を日本城郭協会に送ると、「登城完了印」と「登城順位」が記入されて返送されるとともに、『城郭ニュース』および日本城郭協会ホームページでお名前が紹介されます。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。

お城データ

 
愛知県犬山市犬山北古券65−2 犬山城
お城名
犬山城(いぬやまじょう)
お城別名
白帝城
概要
木曽川沿いの風光明媚な拠点に築かれた城。現存天守。
主な城主
築城主:織田広近
所在地
愛知県犬山市犬山北古券65−2 犬山城
アクセス
犬山遊園駅または犬山駅から徒歩で 20分
営業時間
9:00-16:30(閉館は17:00)
定休日
12/29~31
料金
大人:¥550
電話
犬山城管理事務所:0568-61-1711
オフィシャルサイト

2 件のコメント

  1. 長谷川明男

    初めまして、当職は元初代犬山市観光大使、そして初代発起人の一人 、ナイスで犬山のボラをしておりました。現在、観光ボラに努めてますが、国宝というものの犬山城がまだまだ知名度がないので世界遺産にするため、頑張ってPRに努めております。そこで提案ですが、犬山市にはわん丸君というゆるキャラがあることをご存じでしょうか?多分知名度なく、わからないと思われますが。差支えなければご意見がいただきたいです。宜しくお願いします。 

    • とむしゅがぁ 投稿者

      コメントありがとうございます。
      犬山城は城彩の中では人気のお城ですし、知名度も抜群だと思いますよ!
      でも、わん丸君は知りませんでした〜。わん丸君が犬山城下町を案内するなどのコンテンツがあると、実用的でアクセスが来そうですね!

コメントは受け付けていません。