弘前さくら祭り、満開の桜が咲き誇る弘前城を見に行ったよ!

弘前城の桜はゴールデンウィークに満開

弘前城 外堀と満開の桜

ゴールデンウィークは全国的に桜は散ってしまっていますが、青森の弘前城では例年、この時期に桜が満開になるそうです。夜には外堀など桜がライトアップされ幻想的な桜の弘前城が楽しめる事請け合いです。私も、2016年ゴールデンウィークに開催された弘前さくらまつりに行ってみましたよ!

満開の桜楽しみーーって思ってバスを降りてみると。

外堀と散った桜

散ってる、、、

なんでやねーーーん!!

そう、今年桜はゴールデンウィーク前半ですぐに散ってしまったのです、、、雨が降って短命の桜だったそうです。ひど過ぎる、散るにも程があるって話ですよ!!

ですが、弘前まできて手ぶらで帰れねー!!私も全力で桜の弘前城の写真を撮りましたよ。ほんと、頑張りました!!!


辰巳櫓と桜
辰巳櫓と桜

与力番所と桜
与力番所と桜
土塁と桜
土塁と桜
本丸の石垣と桜
本丸の石垣と桜
辰巳櫓と桜
辰巳櫓と桜
加田橋からの桜
加田橋からの桜
丑寅の櫓と桜
丑寅の櫓と桜
護国神社の桜
護国神社の桜

どうでしょう?なんだか、桜が咲き誇って綺麗な雰囲気出てますかね??

でも、実際は悲しい感じに散っていたんですけどねw

弘前城の桜は散った

桜の看板ちなみにトップに載せてる満開の写真は、これでしたw満開パネルがあったんですよーーーwぷぷぷー

武家屋敷で、卜傳流古武道の実演も

古武道古武道古武道古武道

古武道の実演が弘前城下の武家屋敷で行われていました。弘前藩時代の剣術「卜傳(ぼくでん)流」の継承者小山隆秀さんらが、当時の武士の立ち居振る舞いや常に敵の攻撃を想定した緊張感ある身の処し方を実演していました。ドラマでの殺陣とは伝わってくる緊張感が全然違いますね!迫力があって見ているこちらも緊張しましたよ!!古武道実演は去年も開催されたようなので、来年もやるかもしれませんね。

オススメの本、雑誌

  • 城めぐり手帖「現存天守編」 ~自分だけのトラベルノート

    城めぐり手帖「現存天守編」 ~自分だけのトラベルノート

    本書は、城めぐり専用の持ち歩けるトラベルノートです。ガイド+ノートの構成で、自分だけの「城めぐり手帖」が完成します。 本書のガイド部は、お城基本情報、豆知識、見どころ、撮影ポイント、周辺情報、城マップ、スマホでさっと調べられるQR情報など盛りだくさん。 ノート部は、旅行計画や登城記録を書いたり、スタンプを押したり、チケットを貼り付けたりと、充実の内容。城シールもついていて、とても楽しい手帖です。 本書で紹介するお城のテーマは「天守」。現存天守12城に加え、「城メグリスト」萩原さちこ氏による厳選天守18城を紹介しています。フリーで書き込める18城もあり、城ファンの人には手離せない1冊です。
  • 日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊に! 大人気の100名城スタンプ・ラリー。 その公式スタンプ帳がついた、オールカラー・ガイド。 持ち運びにも便利な、140ページのハンディ・サイズ。 100名城すべてのスタンプがそろい、登録を希望される方が本書を日本城郭協会に送ると、「登城完了印」と「登城順位」が記入されて返送されるとともに、『城郭ニュース』および日本城郭協会ホームページでお名前が紹介されます。
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

お城データ

 
青森県弘前市下白銀町1 弘前城
お城名
弘前城(ひろさきじょう)
概要
津軽藩二代藩主津軽信牧(のぶひら)によって築かれた。
主な城主
築城主:津軽信枚
所在地
青森県弘前市下白銀町1 弘前城
アクセス
バス:弘前駅から弘前市内循環100円バス【弘南バス】弘前公園下車
営業時間
4月1日~11月23日 9:00~17:00
さくらまつり期間 7:00~21:00
定休日
11月24日~3月31日
料金
弘前城本丸・北の郭:大人 310円、子供 100円
駐車場
なし
オフィシャルサイト

コメントを残す