The えどじゃう~江戸城って広すぎる!~《日本100名城》

江戸城の門

さて、江戸城(現皇居)を見学しに行ってきました~!
皇居だから見せてもらえないかと思いきや、結構がっつり公開されてるのね☆
見学の申し込みはこちらでできますよ!よ~く見ると、桂離宮とか京都御所の見学も申し込めるみたいだ。一般公開時期以外でも申し込んだら見せてくれるの?!しらなんだぁ・・・
江戸城は、見学の申し込みをしないと入れないエリアと公園として開放されているエリアがありますよ!あと、お花の時期に特別公開されているエリアもありますね・・・城ファンが石垣を見るために並んでいたりします(笑)

皇居見学エリア(一般参観コース)

さて
見学の入場は桔梗門から~
なんか、お城のもともとのセキュリティー機能ををそのまま使ってる施設ってここだけなんだよね~

日本全国どこのお城でも遺跡になってるので、ガチで門に警備員がいるとかわくわくするよね!しかも、なんか暇でつまんなさそうな顔してるとリアル| ω・`)プッ♪

桔梗門裏手

桔梗門裏手の石垣~
薩摩藩とか普請で積み上げた藩の刻印が石に入ってます。

富士見櫓

富士見櫓
天守閣焼失後はここが天守閣のかわりとして使われていたそうです。関東大震災でも倒壊せず、耐震構造もばっちりです!

蓮池濠と石垣

蓮池濠と石垣。
この石垣は本丸をぐるっと囲む石垣です。長いですよね~
天守閣はこのずっと向こうです。

伏見櫓

伏見城から移築されたといわれる伏見櫓。
二重橋の近くにあります。

皇居地図

転載元:皇居の施設案内

皇居の見学は全部で1時間コースですが、団体で隊列組まされて歩かされるので、自由度は低いです。

一般に開放されているエリア(皇居東御苑内)

次は、東御苑に天守閣の跡を見に行きます!

江戸城内には至る所に、警備員の詰め所である番所があります。

百人番所ここは、超でっかい100人常時つめていた百人番所です。
っていうか、思うんですけどね100人もいたら、
かえって気が緩むと思いません?

江戸城天守閣の跡地こちらが、建てて早々焼失しちゃった江戸城天守閣の跡地です。

江戸城天守台上がってみると、礎石とか全然みれなくて
綺麗に舗装されちゃってて、シラー

大奥跡天守閣のすぐ隣の、この広場が、大奥跡らしいですw
ここで愛憎劇が繰り広げられていたんですねー

平川門手前の中濠

東御苑を3週くらい歩き回って、フラフラになったので帰る事にしましたw
大手門・平川門・北詰橋門と3ヶ所から出られるんですが、私は平川門から出ました。
ここは門の手前の中濠です。

平川門

平川門は罪人とか死人を出す門だったので不浄門とも呼ばれたって書いてるのよ。
先にいってよねーw

平川門橋

門の外には、再び、つまんなそーな警備の人が居ますw
たぶん警察官だよね~

江戸城の石垣

打込み接ぎ

打込み接ぎ(うちこみはぎ)積み
これは、富士見櫓の下(本丸をぐるっと囲んでいる石垣)です。
石垣というと加藤清正ですが、これも清正さん作と言われているそうです。

切り込み接ぎ

切込み接ぎ(きりこみはぎ)積み
こちらは東御苑のほうにある石垣。これも上に載せてる本丸をまるっと囲んでいる石垣なんですが、富士見櫓の下の石垣とは積み方が違いますね。
切込み接ぎ(きりこみはぎ)積みは、石をきっちり成形してから組むので、排水ができないらしく、排水溝が必要らしいです。
ここの部分は修復されているので、白い石は近代の補修の時にはめられた新しい部分です。

江戸城の石垣は、常に補修作業をしているので、石垣の下に補修中の石がゴロゴロしていたりします。

江戸城まとめ

さてー
申し込みが必要な箇所と、ふらーっといける箇所がある江戸城跡
感想は、他の遺跡の城跡と違ってお金が潤沢にあるらしく、保存状態とかすごく良いです。
逆に言うと朽ちている感じの情緒はないです。

私的には、もうちょい遺構とかさぁ見られるようにしといてもらいたいわってことかな~
溝とかw
瓦とかw
礎石とかw

でも、城のセキュリティー機能を現在も活用しているお城はここだけなので、そこは面白いですよね~

オススメの本、雑誌

  • 日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊に! 大人気の100名城スタンプ・ラリー。 その公式スタンプ帳がついた、オールカラー・ガイド。 持ち運びにも便利な、140ページのハンディ・サイズ。 100名城すべてのスタンプがそろい、登録を希望される方が本書を日本城郭協会に送ると、「登城完了印」と「登城順位」が記入されて返送されるとともに、『城郭ニュース』および日本城郭協会ホームページでお名前が紹介されます。
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。

お城データ

 
東京都千代田区千代田1−1 皇居東御苑
お城名
江戸城(えどじょう)
概要
日本最大の城郭面積を誇る、徳川の城。
主な城主
築城主:太田道灌
所在地
東京都千代田区千代田1−1 皇居東御苑
営業時間
3月1日~4月14日:午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
4月15日~8月末日:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
9月1日~10月末日:午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
11月1日~2月末日:午前9時~午後4時(入園は午後3時30分まで)
定休日
月曜日・金曜日
 ただし,天皇誕生日以外の「国民の祝日等の休日」は公開
 月曜日が休日で公開する場合には,火曜日が休園
12月28日から翌年1月3日
料金
無料
電話
03-3213-1111(代表)
オフィシャルサイト

2 件のコメント

  1. ﻬஐﻬnicoﻬஐﻬ

    1. 無題
    城、ひさびさーーー!!
    文字がなんだか活き活きしてるね!
    石垣の写真も気のせいかウキウキしてるような・・・(笑)
    http://ameblo.jp/nico-morissy/

コメントは受け付けていません。