見事な桜が咲き誇る江戸城「千鳥ヶ淵」を訪れてみました。

千鳥ヶ淵 江戸城

東京の桜の名所としても有名な江戸城の「千鳥ヶ淵」。毎年桜の時期になると大勢の人がお花見に訪れますが、日中は大変混雑するようなので、人込みを避けて早朝に訪れました。都内でも指折りの桜の名所だけあって、見事な桜でした。

千鳥ヶ淵は江戸城のお堀

千鳥ヶ淵 江戸城 桜

千鳥ヶ淵は江戸城内堀に当たる箇所で、現在の北の丸公園の外周にあるお堀です。最寄り駅は九段下駅ですが、神保町駅や半蔵門駅からも徒歩圏内です。元は、半蔵濠と繋がっていましたが、明治期に道路建設のため分断され千鳥ヶ淵が独立し、昭和34年に戦没者墓苑が作られた時に整備されました。

土塁にはソメイヨシノやヤマザクラが咲き誇り、お濠の水面に反射しその美しさをさらに際立たせています。

千鳥ヶ淵 田安門

田安門の向こうには日本武道館があり、一帯に桜が咲き誇っています。

区営のボート場のボートは桜の時期は長蛇の列となります。営業時間は季節や時期によって変化するので、オフィシャルサイトをご確認ください。千鳥ヶ淵ボート場

江戸城と桜を愛でながら散歩

千鳥ヶ淵 江戸城 桜

日中は大変な人出となるので、朝6時に訪れましたがそれでも、それなりに訪問客はいました。人込みは苦手という方は早朝がおすすめです。桜並木を眺めながらお堀端を散歩していれば、あっという間に時間が過ぎます。気が付くと2時間ほど歩き回っていました。もう少し時間があれば、四ツ谷駅まで足を延ばして、外堀公園の桜もおすすめです。

千代田のさくらまつり

出典

オススメの本、雑誌

  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    近藤太一は、真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫することであった。そんな彼は、ある日突然、目の前に現れた怪しげな少女の呪術により、念願の戦国時代へと転生する。しかし、その転生先は…悲劇のラストプリンス、豊臣秀頼であった!時は「関ヶ原の戦い」のわずか一ヵ月前。まだ7歳の秀頼は、没落の運命にある豊臣家を立て直すことができるのか!?

お城データ

 
東京都千代田区千代田1−1 皇居東御苑
お城名
江戸城(えどじょう)
概要
日本最大の城郭面積を誇る、徳川の城。
主な城主
築城主:太田道灌
所在地
東京都千代田区千代田1−1 皇居東御苑
営業時間
3月1日~4月14日:午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
4月15日~8月末日:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
9月1日~10月末日:午前9時~午後4時30分(入園は午後4時まで)
11月1日~2月末日:午前9時~午後4時(入園は午後3時30分まで)
定休日
月曜日・金曜日
 ただし,天皇誕生日以外の「国民の祝日等の休日」は公開
 月曜日が休日で公開する場合には,火曜日が休園
12月28日から翌年1月3日
料金
無料
電話
03-3213-1111(代表)
オフィシャルサイト