城攻めの後は伊香保温泉はいかが?吾妻川を巧みに使った縄張りが美しい白井城

白井城本丸

白井城(しろいじょう)は群馬県渋川駅から徒歩40分の整備された城跡、白井宿と併せて楽しめる、全国でも珍しい崖端城です。吾妻川と利根川の合流点の地形をフル活用し、縄張りされた城郭跡は現在、一部は農地として利用されいるものの非常に綺麗に整備されています。

白井城空堀の畑

街並みに飲み込まれる事なく地形がよく残っていて切通しや土橋などハッキリ分かるよう整備されていて、非常に保存状態の良いお城です。(空堀の畑も乙な風景です。)

真田幸隆父子が攻略した白井城

白井城不動尊

白井城は室町時代に白井長尾氏が居城として築いたとされています。築城主は長尾景仲ともその何代か後とも言われています。城の有無はさておき、この地は、越後と関東の間の要所として重要な立地にありました。戦国時代に入ると、武田氏、上杉氏、北条氏の三つ巴の争奪戦の舞台となり、武田信玄の命を受けた真田幸隆と長男によって、攻略されます。その後真田氏が撤収し、目まぐるしく支配者が変わりますが、北条征伐の後、関東に入封した徳川家康によって、本多広孝に与えられます。

太田道灌が築いたとされる石垣

白井城枡形門

本丸の枡形門の石垣は、太田道灌が築いたと書かれています。長尾景仲の外孫であった太田道灌は、共にクーデターを起こし惨敗したり、外孫ながら、長尾景仲と一蓮托生のかなり近い関係にあったと考えられます。(太田道灌が城郭建設に関わっていたことは充分考えられますが、そこだけいきなり詳細な情報過ぎて違和感がありますね。)

堀切からの土塁が素敵な本丸

白井城空堀各曲輪の間には堀切とみられる堀があり、曲輪は土橋で繋がれています。地形が見事に残っていてかなり見応えがあります。本丸と二の丸の間には月堀りと呼ばれる堀切があり、本丸には更に高い土塁を盛って防衛力を強化しています。今は木が茂って視界を遮っていますが、当時はこの上に櫓がありもっと目線が高かったでしょうから、ここからの眺めは絶景だった事でしょうね。

白井城と吾妻川

多くのお城の隣には川が流れていますが、長い年月を経て流れが変わっていたりする事もよくあります。この吾妻川、550年前の水量や流れも今と違っていたでしょうが今も白井城のすぐ脇を流れて在城当時の情景を今にとどめています。感慨深いですね。

白井城城下町が、江戸時代には白井宿に発展

白井宿

白井宿水路白井宿は白井城築城当時はその城下町として、江戸時代には三国街道の、宿場町として栄えます。現在も、道の中央に水路があり、共同井戸が各所に残る風情ある宿場町の面影を残しています。訪れたのは冬でしたが、桜の時期は見事な桜が楽しめるように思われます。

城攻めの後は伊香保温泉

白井城月堀

白井城はあまり知名度の高いお城ではありませんが、保存状態も良好で、白井宿も江戸の風情が各所に残り、よく整備されている印象を受けました。荒れ果てた城跡を想像して訪れたので、これだけの物があるのに、あまり知られていないのはもったいないですね。

伊香保温泉渋川駅からは伊香保温泉行きのバスが出ています。城攻めの後は、真田昌幸が整備した伊香保温泉で日帰り温泉もオススメです。

オススメの本、雑誌

  • 「昔の名残」が見えてくる! 城下町・門前町・宿場町がわかる本

    「昔の名残」が見えてくる! 城下町・門前町・宿場町がわかる本

    ●「歴史的町並み」の過去から現在の変遷をたどる
    ●都市が飛躍的に発達した、戦国から江戸時代
    ●古地図の入手方法など、情報収集のコツも
    有名どころの観光地だけではなく、視点を移せば身近なところにも昔の風情が感じられる町並みが沢山見つかります。 特に最近では、テレビ番組の影響などで、こうした場所を好んで散策する人が増えています。 本書では、このような「歴史的町並み」について、城下町、門前町、宿場町といった町ごとの発生の過程から、 現在に至るまでの流れを振り返っていきます。
  • ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

    ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

    真田家ヒストリーを キッカケに 旅にでよう!! 戦国武将の真田昌幸・信繁に関連した城跡と史跡をご紹介。 単なる情報で終わらず、「真田の痕跡を探せ! 」をテーマに現地取材による編集部独自のレポートを掲載。 どこから城跡を見ると、河岸段丘や土地の高低差がわかるグッドビューポイント等、城跡史跡にとどま らず、真田家ヒストリーに関わる川や滝、峠、祭りまでも現地取材をまじえてのご紹介!! 戦国時代の研究第一人者の小和田哲男教授の「小和田教授のココだけの話」も必見。
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。

お城データ

 
お城名
白井城(しろいじょう)
概要
利根川と吾妻川の合流地点の台地に築かれた崖端城。
主な城主
長尾景仲、白井長尾氏
所在地
群馬県渋川市白井
アクセス
JR上越線 渋川駅から徒歩約40分