水彩画とともにお送りするお城のレポートサイト

jaen
大坂夏の陣
最新記事

NHK大河「真田丸ー第48話 引鉄」次の主戦場は大坂城の南側だ!

真田丸はこの回を入れて後3話、、、大阪夏の陣勃発前となりました。寂しいですね〜。大助まだ若いのに、、、など感慨深く見守っております。さて、大阪冬の陣で豊臣と徳川で結ばれた和睦により、家康は駿府へ秀忠は伏見へ引き上げ、一時期大坂城には平和がやってきます。冬の陣の後、解雇された牢人と豊臣方を見限る者が大坂城を去り、残りの牢人たちのほとんどが、すぐに戦が再開されることを見越して、大坂城に留まります[※2]。大坂城の兵力は約10万から約8万に減少しています[※1](それでも多いですよね)。そして、劇中、 […]

お城あれこれ  
井伊直虎と井伊氏ゆかりの城をめぐる

井伊直虎と井伊氏ゆかりの10城+1をめぐる

戦国の女リーダー井伊直虎の誕生 井伊氏は中世から遠江国井伊谷庄(現在の浜松)を治めていた豪族です。南北朝時代には南朝方につき、宗良親王を井伊城(井伊氏居館)にて保護し北朝方と戦いました。井伊氏の城は南朝方に落とされますが、宗良親王は信濃に移り約三十年間にわたりそこを拠点としました。井伊氏は豪族として独立を維持していましたが、22代の直盛の頃に今川氏の配下に入ります。この直盛の一人娘として生まれた姫が、今回の大河ドラマの主人公である「直虎」です。 由緒正しい井伊家の家系図を作ったよ! 共保(ともや […]

紅葉が美しい日本のお城

紅葉が美しい日本のお城10選 in 2016

お城の紅葉情報 そろそろ、紅葉の時期がせまってきました〜。この間まで暑い日が続いていたのに、急に秋めいてきましたね!天守閣のあるお城だけでなく、山城も美しく紅葉で色付く季節になりましたね。今年の見頃は例年通りという予報です。お近くのお城へお出かけしてみてはいかがでしょうか?日本の北部では10月頃から紅葉の見頃がスタート、南の方では12月までが紅葉の時期になります。2016年の紅葉が美しいお城の夜間ライトアップ情報などなど調べてまとめみました!いま、紅葉が見頃の地域は紅葉情報2016−Yahoo! […]

阿弖流為

桓武天皇を本気にさせた?蝦夷のリーダー阿弖流為(あてるい)がゲリラ戦で国家権力を翻弄し戦い続けた!(古代東北 城柵その2)

三十八年戦争の討伐中心地は蝦夷の本拠地であった胆沢(いさわ)地方 774-811年までの朝廷と蝦夷との戦は「三十八年戦争」と呼ばれます。初期の頃、蝦夷の反乱は単発的に起こっては征討軍により収束するという状況にありました、この頃から胆沢地方が蝦夷の本拠地と認識されるようになります。781年の桓武天皇の即位後、蝦夷の地域の支配をより一層強めるために、数多くの城柵が建設されていきます。桓武天皇は現状維持ではなく、征夷に積極的で、北へ支配地域を広げるため征夷軍を胆沢の地に派遣します。 阿弖流為に大敗北を […]

田村麻呂

かめばかむ程味が出るスルメのような味わいの東北城柵。坂上田村麻呂がブラピのルックスだったら城柵に興味もてそう?(古代東北 城柵その1)

東北城柵(とうほくじょうさく)と言われても、聞いた事無いし興味も持てないと思われてしまうかもしれませんが、これがまためちゃくちゃ面白い歴史てんこもりなのです。しかしながら、この面白さが伝わりにくいのが難点なんです。どうしたものかと考えていたら、古代東北時代の英雄坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)の容姿に言及した記述が「田邑麻呂伝記」「日本後記」にあり、それをまとめてみるとこんな感じになりました。 「目は鷹のようで、顔は赤く、ひげは金髪。身長は176センチ(五尺八寸)、胸の厚さ37センチ(一尺 […]

松本城 天守閣

「日本100名城」を訪れてみよう!!

日本100名城は、城跡の歴史的重要性を踏まえて選定された日本の名城100選です。どのお城もそれぞれ、整備状態が良いお城になっていますよ!これを機に、100名城スタンプを集めてみても良いかもしれませんね。 北海道・東北 五稜郭ー徳川幕府が北辺防備のため築いた西洋式城郭。箱館戦争で旧幕府軍に占領され、その本拠となった。 根室半島チャシ跡群ー北海道16世紀〜18世紀にかけて造営された遺跡。 松前城ー北辺防備のため貧弱な福山館を改築。日本最後の和式城郭。 弘前城現存天守ー津軽藩二代藩主津軽信牧(のぶひら […]

花と城

日本さくら名所100選に名を連ねる名城27選

日本さくら名所100選に名を連ねる名城27選 公益財団法人日本さくらの会が選定する「日本さくら名所100選」の中には27箇所ものお城が選ばれています。思いのほか沢山のお城が桜名所に選ばれていますね! 北海道 松前さくらまつり「桜三部作」 松前城 松前公園(松前町) 東北地方 弘前さくらまつり 弘前城 弘前公園(青森県弘前市) 船岡城址公園/しばた桜まつり 船岡城 船岡城址公園・白石川堤(宮城県大河原町・柴田町) あきた千秋公園桜まつり 久保田城 千秋公園(秋田県秋田市) 鶴岡桜まつり 鶴ヶ岡城 […]

お城に行ってみた  
箕輪城からの眺め

名君長野業正の居城であった箕輪城。堀と曲輪をめぐり高台から眺める景色は絶景!《日本100名城》

箕輪城といえば、武田信玄の攻撃をたびたび跳ね返した名君長野業正(ながのなりまさ)の城として有名です。業正の死後、長野氏は武田氏に敗北し、箕輪城は、武田氏の支配下となります。武田氏時代、真田信繁の祖父真田幸隆が城代に任じられた期間もあります。武田氏滅亡後は、織田家家臣の滝川一益の支配下になりますが、本能寺の変で信長が横死すると、今度は、北条氏の支配下になります。小田原討伐で北条氏が滅びると、徳川家臣の井伊直政の城となります。現在の箕輪城の遺構は、ほぼ、直政の時代のものと考えられています。 箕輪城歴 […]

小田原城総構マップ

小田原城の山城へ!総構えの外周を周ってみたよ☆ルートマップも作ってみた。

小田原城といえば、巨大な総構えですよね!と、言うことで、今回の小田原城は、最近、リニューアルオープンした天守閣に脇目も振らず、総構えの外周を巡ってみることにしました。 さらっと小田原城の歴史 小田原城は、言わずと知れた戦国大名北条氏の本拠地として有名なお城です。小田原城は八幡山に築かれた山城が拡大を続け、北条氏の権力基盤が安定するにつれ、利便性の高い、平地に近い部分に城の主要部分が移動していきました。現在本丸や天守閣がある部分は山の麓の平らな部分にあります。小田原城は、山城から平山城に変化した好 […]

名護屋城模型

史上空前の前線基地 名護屋城 明の使節もびっくりの本格的な超豪華城だった

秀吉が天下統一を果たした後、次に手を伸ばしたのが大陸でした。朝鮮半島への前線基地として築城した超巨大なお城だった名護屋城。縄張り(設計)は黒田官兵衛で、普請は九州大名に担当させ、超高速の1年弱で完成させます。 絢爛豪華な名護屋城の周りには、全国の大名たちの陣が作られました。周囲には城下町が現れ、最高10万人の人が住まう巨大都市になりました。秀吉の死とともに朝鮮出兵は中止され、それとともに廃城になったと考えられています。 名護屋城半径3キロ圏内に密集していた118ヶ所の陣跡 名護屋城周辺には無数の […]

忍城

忍城の周りは沼地で足を取られて攻めにくい、攻め手泣かせの守りの城

忍城(おしじょう)は室町時代に沼田氏によって築城されたと伝わります。利根川と荒川の扇状地にあり、水堀と沼地を駆使した天然の要害に守られた難攻不落のお城です。現在は、本丸跡に御三階櫓が再建され、水堀と沼地の一部が水城公園になっています。 忍城は攻撃されても、なんだかんだで落城していない 扇谷上杉氏に攻められる 文明10年(1478年)頃、成田正等らが土地の支配者であった忍一族を滅ぼし、忍城を築城します。忍一族は扇谷上杉家に従属していたので、忍城に扇谷上杉が攻め込みますが、太田道灌の仲裁で和解します […]

弘前城 外堀と満開の桜

弘前さくら祭り、満開の桜が咲き誇る弘前城を見に行ったよ!

弘前城の桜はゴールデンウィークに満開 ゴールデンウィークは全国的に桜は散ってしまっていますが、青森の弘前城では例年、この時期に桜が満開になるそうです。夜には外堀など桜がライトアップされ幻想的な桜の弘前城が楽しめる事請け合いです。私も、2016年ゴールデンウィークに開催された弘前さくらまつりに行ってみましたよ! 満開の桜楽しみーーって思ってバスを降りてみると。 散ってる、、、 なんでやねーーーん!! そう、今年桜はゴールデンウィーク前半ですぐに散ってしまったのです、、、雨が降って短命の桜だったそう […]

松本城 天守閣

なんでそんなに低いのか?武田の縄張りに聳える五層の天守がアンバランスで美しい松本城《日本100名城》

松本城は、連日観光客でにぎわう人気の観光地ですが、その要因としては、その写真映りの良さと、駅から坂道を登らずフラットに行けるアクセスの良さではないでしょうか。普通、お城というのは、防御の観点からアクセスが悪くて見て回るには「しんどい」わけですが、どういうわけか、松本城はとっても「楽」なんです。これは他のお城には無い特徴だと感じます。 楽な理由は武田の城だから? 松本平の中心部にある松本城は元は深志城と呼ばれ、古くから信濃の有力者であった小笠原氏の一族が支城として1504年頃に築城したのが始まりと […]

ブックレビュー  
NHK大河ドラマ予習記事  
大坂夏の陣

NHK大河「真田丸ー第48話 引鉄」次の主戦場は大坂城の南側だ!

真田丸はこの回を入れて後3話、、、大阪夏の陣勃発前となりました。寂しいですね〜。大助まだ若いのに、、、など感慨深く見守っております。さて、大阪冬の陣で豊臣と徳川で結ばれた和睦により、家康は駿府へ秀忠は伏見へ引き上げ、一時期大坂城には平和がやってきます。冬の陣の後、解雇された牢人と豊臣方を見限る者が大坂城を去り、残りの牢人たちのほとんどが、すぐに戦が再開されることを見越して、大坂城に留まります[※2]。大坂城の兵力は約10万から約8万に減少しています[※1](それでも多いですよね)。そして、劇中、 […]

大改造ビフォーアフター大坂城

NHK大河「真田丸ー第47話 反撃」和睦の条件により大坂城は裸城へ、、、いや半裸か?

前回の真田丸では、徳川方が打ち込んだ砲弾が大坂城の天守閣の屋根を貫き、淀の侍女が屋根のしゃちほこなど諸々の下敷きになってしまいました。(天守の屋根は構造上脆弱で、当時の大砲でも貫通するらしいです。[※3])連日連夜の砲撃で心身ともに疲労困憊だった豊臣方でしたが、徳川方もまた兵糧不足という事情を抱えていました。織田有楽斎を通じて和平交渉が続けられていましたが、運命の砲弾により、淀は秀頼や五人衆の反対意見をはねつけ、和睦に応じる決定を下します。[※2] 徳川主導の和睦交渉 和睦交渉は徳川方の京極忠高 […]

大坂城本丸までの距離

NHK大河「真田丸ー第46話 砲弾」徳川は大坂城本丸を集中砲撃!ウィーケストリンクの淀が危ない!!

真田幸村は大坂冬の陣での、真田丸の戦闘(12月3日、4日)で大勝利を収めました。しかしこの後、徳川軍が真田丸へ大規模に攻撃を仕掛けることはありませんでした。12月9日より、徳川軍の大坂城への直接攻撃が本格的になります。徳川軍の各部隊が一生懸命塹壕を掘り進め大坂城の外堀まで12〜50メートルほどの距離まで近づいていました。豊臣側は接近する敵に激しく銃撃を仕掛けて大きな戦果をあげていましたが、徳川軍が塹壕を掘った土を盛って土塁、築山を築くと鉄砲での攻撃の成果は激減してしまいます。 大砲で本丸を攻撃 […]

大坂冬の陣緒戦

NHK大河「真田丸ー第45話 完封」冬の陣いよいよ開戦!豊臣の戦略は水路の死守!

前回の真田丸はオープニングがドラマの最後で衝撃的でしたね!今回の真田丸からが本編のスタートという演出なのでしょうか。大坂冬の陣がいよいよ開戦します!1614年11月15日に家康が二条城を出発し、大坂城南西にあたる茶臼山に陣を置きます。息子の秀忠は大坂城南東の岡山に布陣します。各地で小競り合いがありましたが本格的な戦闘は木津川の砦からスタートします。 豊臣方の城外戦はあっけなく終了 豊臣方は、兵士、物資の搬入路の確保のため、水路を死守しなければなりませんでした。要所に信頼のおける武将を布陣し、徳川 […]

真田丸ジオラマ

NHK大河「真田丸ー第44話 築城」解明され始めた真田丸は基本真田昌幸の戦術を踏襲していた

とうとう、「真田丸」で真田丸出城が築城されます。この出城は真田幸村の伝説とともに非常に有名だったにもかかわらず、遺構は大阪の市街地に飲み込まれ、その実像も場所も謎に包まれていました。大河ドラマのおかげで注目度が高まり、レーザー探査機で地形調査がされ、場所と形が確定的になり、複数あった真田丸の絵図のうち、広島の藩主であった浅野家に所蔵されていた「摂津 真田丸」が、最も実像を示しているということが判明しました。 野原の中にポツンとそびえる出城のイメージが強くありましたが、真田丸の建設地は、 戦国時代 […]

真田丸大坂の陣砦

NHK大河「真田丸ー第43話 軍議」幸村と又兵衛の積極路線は却下で、籠城に決す!じゃぁ、真田丸作るんだからね!

豊臣と徳川の戦が迫っている時、豊臣勢では徳川とどう戦うかの議論がなされていました。後藤又兵衛、真田幸村は積極的に城外に打って出る、積極路線を主張します。幸村は「関東と関西を分断し、城外の戦にて勝利を重ね、朝廷を味方につけつつ、長期戦に持ち込む」という戦略を主張したとされますが、豊臣方の首脳部は巨大で難攻不落である大坂城に籠城する事に決します。 ここで、幸村は大坂城惣構えの外に出城(真田丸)を築く事にします。後藤又兵衛も同じ考えを持っていて、建築材料を用意していたと言われています。従来まで、真田丸 […]

お城・遺跡現地説明会